<   2013年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

玉ケ窪沢~鉢伏山~松谷下降

■体調・・・・目標値の63kgまでは遠い道のりとなっています。
***拡大はクリックして下さい***
b0228959_22444447.jpg


 
 ・体重 平均/67.1kg  最大/68.7kg  最小/66.2kg

 ・体脂肪率 平均/16.8% 最大/21.4% 最小/11.0%

ダニ媒介 新感染症で山口の女性が死亡・・・・毎日新聞朝刊1月31日より

 ・野山に生息するマダニの一種にかまれて感染症となったもよう。新種の感染症「重症熱性血小板

  減少症候群(SFTS)と発表されていた。

 ・マダニの感染は全身の感染症を引き起こすのが最大の問題で、「ツツガムシ症」・「ライム症」が従来

  言われて来た。イノシシの捕獲に猟犬をつれて野山に分け入っていた同級生がこのマダニにかまれ

  て大変だったと聞いているので、獣道を歩くのが心配となって来た。

 ・同級生の症状は、始めはくびすじに小さなダニにかまれた跡があり、すこし痒かったが辛抱出来た。

  翌日には全身に湿疹が広がり、熱が出て来て、体調不良となり入院した程であった。

 ・そんな話を聞いた時点では、体質の問題と割り切り、相変わらず、獣道の羊歯の中に潜りこんで歩い

  ていたが、今日の報道を読んで、少しは真剣に行動しないといけないと肝に命じた次第。

今日も鉢伏山周辺を散策・・・黒谷ダムから沢を直登して、鉢伏山に出る。

 ・板野町の峠越えには①大坂峠越え ②黒谷越え ③一本松越の参箇所が主要な峠越えであった。

 ・大坂峠越えや一本松越えは牛馬道としても利用されていたが、②の黒谷越えが自分としては疑問で

  あった。昭和5年の古い地形図には黒谷ダムから稜線の・412mに伸びている沢と東寄りの鞍部から

  川股ダムに落ちている沢筋に道が記載されていたので、この道が黒谷越えと思っていた。

 ・先般、ある雑誌に黒谷ダムから鉢伏山に直登するラインが黒谷越えの道だと説明されていた。そして

  牛馬道としても利用されていたとあったが、地図上の等高線の混み方から傾斜は急と思われ、通行は

  無理では無いかと思う。そんなことを確かめに今回はこの沢を直登することにした。

 ・下りは栄谷下降と決めていたが、尾根筋からの下降点が見つけられず、松谷に下降する。

 
★★★ ルート図 ★★★この沢の上部は傾斜度が相当きついのでお薦め出来ない。
b0228959_23382589.jpg




 ・コースタイム(沢歩きのタイムです。)  歩行距離/8.3km  所要時分/3:16

 大日寺駐車場/12:46→沢道分岐/13:05→沢沿の林道を上がるも方向が違うので、沢に下降する

 /13:10→鉢伏山/14:10→尾根下降点/14:17→祠/14:34→三角点216.1mへの尾根分岐/15:04

松谷川林道に降りる/15:16→途中から大日寺への近道を探して尾根に取り付くが結局道が途絶えて

 人家の裏に出るハメになった15:34~15:48/遍路道に出ていつもの道を大日寺まで/16:03

★★★ ルート写真 ★★★
b0228959_2340378.jpg沢の風景


b0228959_23412665.jpg沢上部は急傾斜となっていて岩場もあり、上部樹林帯もザレ場なので、手がかりがあまり無い。


b0228959_23431835.jpg道路造成はこの祠周辺までとのこと。太陽がよくあたり、三年後は、道はいばらの道となるだろうとのこと。


b0228959_2346418.jpg松谷川林道の最奥部。奥の右手が登山口となる。



 
[PR]
by asan-3 | 2013-01-31 23:47 | 山歩き

黒谷越え~川股ダム湖~沢を詰めて稜線~一本松越え

■母の状態

 ・12/10にリビングで転倒して、後頭部に創傷を負ったが、12/17に無事抜糸を終えて、01/28(月)

  に、最終検診にきたじま田岡病院脳神経外科に出向きました。CTスキャン撮影も何とか取り終え、

  診断の結果、①内部の鬱血は見られない。②今後も鬱血は発生しないので安心して下さいとのこと

  であった。後頭部の傷は探さないと解らないほど小さくなっています。

 ・きたじま田岡病院は施設が行き届いており、車椅子でのトイレも各階にあるので、助かります。

 ・待合室で待機している母は、「背中が寒い」とか「もう帰りたい」などと我が儘の言い放題。母の声は

  大きいので、周囲の人に丸聞こえ状態で、会話の内容に「ハラハラ・ドキドキ」で赤面します。

 ・「いつまでたったら、順番が来るんで!! もっと人を増やさないかんのでないで・・・」

  「大勢待っているなあ~。こんなけ来んと、採算があわんわなあ~」などなど、廻りの人はクスクス笑っ

  ている。

■町内の古道を訪ねて・・・・黒谷越えルート

 ・板野町内の三角点探訪の折、国土地理院から古い地図を取り寄せて、母の横でお守りをしている時間

  に、地図を広げてまだ歩いていない道を探していました。鉢伏山の尾根末端にある三角点216.1m

  点名:蔵佐へのルートを調べている時に、四番札所大日寺(黒谷寺)の奥にある黒谷ダムから稜線の

 
  ・412mを目指して登山道があり、川股ダムに下降する道に繋がっているのが気になっていた。

  ・やぶ漕ぎや羊歯の中をかき分けて登ることはあまり好きな方ではないが、やはりあまり人が歩いて

  いない道を歩く時は覚悟しなければならない。意を決してトライすることになった。

 ★★★ 参考資料  その1  ★★★
b0228959_20444811.jpg
徳島県立博物館友の会 アワミュージアム会報第三四号 滝よし子氏の資料より     ルートはダムから直登をしており、地元の人が歩いて川股まで行ったとの聞き取り情報があったらしい。

 ★★★ 参考資料 その2 ★★★
b0228959_20465888.jpg
国土地理院発行 昭和5年の古い地図   ・ルートはダムから稜線の・412に伸びるルートを歩くことにして、川股ダムまで下降することにした。帰途は沢を詰めて稜線の・382に登り、一本松越えを経て大日寺の駐車場に戻ることにした。

 ★★★ ルート図 ★★★
b0228959_21225889.jpg

 ・歩行距離/12.4km    ・所要時分/5:00

 ・コースタイム(沢上部で・382mへのルートが解らず時間を大幅に浪費)

  大日寺駐車場/11:00→黒谷ダム/11:21→沢取り付き点/11:25→沢223m付近で横断している

  広い林道に出合う/11:53→稜線に出る(山杭・三八ホ二)/12:37→少し東に下り鞍部から下降開始

  灌木帯~杉林の中を下る→炭焼き跡/12:58→倒木帯→ダム湖周辺道に着く/13:11→右岸林道に

  出る/13:17→林道終点/13:28→沢上部で左岸側の道が解らず、地図上に示されている付近まで

  戻ることにした/13:47→結局解らず、/382に伸びている小さい沢を詰めることにした/13:59→沢の

  状態は最悪で、上部はガレ場となり、木の根っこを握りながらの登攀状態となる→登山道に出る/14:20

  沢入り口を確認するため、一旦沢まで登山道を引き返す/14:29→縦走路に出る/14:39→鉢伏山

  14:56→一本松越/15:26→山神社/15:53→大日寺駐車場/16:01

 ★★★ ルート写真 ★★★
b0228959_21235276.jpg四番札所 大日寺(黒谷寺)の駐車場に車を置く。


b0228959_21252776.jpg中央が沢取り付き付近か


b0228959_21261038.jpg沢の雰囲気


b0228959_21263873.jpgナタ目が新しい。コースの見印にナタ目は昔の山師が使っていた手法で、現在のビニール紐(派手な色)はいただけない。


b0228959_21285743.jpg縦走路に出る。


b0228959_21295716.jpg鞍部からの下降付近


b0228959_21305089.jpg沢下降点から川股ダム湖正面を見る。


b0228959_2131466.jpg右岸に付いている林道の終点(ダムサイトから約750m程か?)


b0228959_21325610.jpg稜線の・382m付近に出る。

b0228959_21335413.jpg一本松越にある地蔵尊 周辺は刈り込まれている。


 ★★★ 黒谷越の古い記述  阿波学会研究紀要 第34号 板野町の文化財より ★★★
黒谷越 標高439.7米
 地蔵寺―山神社―大日寺―黒谷ダム―県境―讃岐清水―川俣のコース

 阿波國海陸道度(のり)之帖一明暦31には
  板西郡黒谷越 川北本道より境目まで二拾四町讃岐川俣村へ出る牛馬道

 南海治乱記(寛文3)
  黒谷越 阿洲板野郡大西本道(註12)ヨリ黒谷越國境マデニ十四丁讃洲大内郡引田郷川俣へ出ル

 網通様御代御領國之図(寛文7-延宝3)
  本道より境目迄弐拾四町讃洲川俣村へ出ル牛馬道

とある。しかしこのみちは本道(大坂越)以下の讃岐への山越のみの一つとされていた。これらの記述から明暦年度という相当古い時代にこのみちが通っていたことが分かる。黒谷の西根元海氏は2、30年前まで黒谷ダムから眞直に國境まで登り、清水村へ米粉をひいてもらいに行ったものだと云う。黒谷の人々には生活のみちであったのである。しかし、今は廃道になってしまった。

********ダムから直登する道は傾斜がきついのではないかと思う。
        牛馬が通行出来るとは思えない
次回はこの直登ルートを歩いて見たい**************
          
[PR]
by asan-3 | 2013-01-29 20:12 | トレイル

鉄塔No.130から大坂峠&鉢伏山からジョコマル池下降

■母の状態・・・ここ数日の出来事

 ・24日の夜、25日の夜は何度も起こされて、フラフラ状態となる。原因は大便がなかなか出なかったのが

  原因となりひどい時は10分毎に起きる始末である。ポータプルトイレに座っても便が出ないので諦めて

  寝るとまた出そうになり起きてくる状態が繰り返される。明け方5時頃まで続いたので、本人も相当しんど

  いだろうと思う。

 ・26日はディーサービスの日。寝不足状態なので、通所は出来ないと思ったが、本人は元気でいつものよ

  うにお出かけした。帰宅後、軟便剤を1錠服用してその日はあまり起きてこず、助かった。

  お陰で、自分もよく寝られた。

 ・27日の午前中に軟便剤が効いてくるので、大便をまかさないよう注意をしていたが、その気配がなく

  連れ合いに大便のことを頼んで、自分は山歩きに出かけることにした。


■ルート調査とトレイルランニング・・・・走行距離/14.8km    所要時分/5:14

 ・あせび温泉~鉄塔NO.130取り付き点・・・トレイルラン
 ・大坂峠堀割~大坂峠~あせび公園展望台~縦走路~鉢伏山・・・・トレイルラン
 ・山里の道合流地点~ジョコマル池~県道1号線~あせび温泉・・・・トレイルラン

 ・鉄塔NO.130~稜線~大坂峠堀割・・・・ルート調査歩行
 ・鉢伏山~稜線・315~山里の道合流地点・・・・ルート調査歩行

 ★★★コース・タイム(トレイルランとルート調査歩行)

 ・あせび温泉駐車場/11:04→折野分岐点/11:40→鉄塔取り付き点/11:45→鉄塔No.130/12:03

稜線・330/12:27→尾根末端(がけ)/12:57→茶屋の跡/13:24→大坂峠展望台/13:35→龍王山

  分岐/13:52→稜線・479/14:17→鉢伏山/14:51→尾根下降点/15:04→尾根・315/15:22→

  羊歯の海に入る/15:26→まだまだ続く羊歯の海/15:48→羊歯から解放される/15:53→山里の道

  に出る/16:01→ジョコマル池/16:07→県道1号線/16:17→あせび温泉駐車場/16:19

 ★★★ ルート図  ★★★
b0228959_23101882.jpg

「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
 及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平23情使、第642号)」
第3者がこの地図を複製又は利用する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。



 ★★★ ルート写真 ★★★
b0228959_2311341.jpgなるとゴルフ場作業小屋
近くの鉄塔取り付き点

b0228959_23131381.jpg鉄塔NO.130


b0228959_23141576.jpg尾根末端はがけとなっており、道路側壁が高く降りられず、板野側にトラバースする。


b0228959_2316227.jpg大坂峠から鉢伏山までの間にある背の高い竹林

b0228959_23171353.jpg鉢伏山三角点と愛用のサブザック(カリマ-製)とナタ

b0228959_23181232.jpg尾根・315を過ぎると羊歯に行く手を阻まれるが、強引に突き進む。(羊歯の下にかすかに道の跡がある)

b0228959_2320393.jpg午後5時には駐車場に戻らなければならない(7時から役員会あり)ので、焦ってしまう。

b0228959_23211381.jpg無事、四国の道(山里の道・蔵佐に抜ける)に出る。

b0228959_23224754.jpgジョコマル池


b0228959_23233211.jpgジョコマル池から県道1号線に出る林道は私道であった。入口にはクサリあり。すぐ県道1号線に出て、あせび温泉駐車場に着く
[PR]
by asan-3 | 2013-01-27 23:28 | トレイル

藍染山 南尾根直登ルート

■母の状態

 ・最近は体調も良く、食欲も旺盛です。昼間は相変わらず、クイズや新聞を読んでいます。一人で居る

  のが寂しいのか、時々誰も居ないと泣いています。そんなこともあり、母の側で誰かが居る状態を出

  来るだけつくっています。

 ・お昼のトイレはそれほどでもありませんが、就寝前のトイレ回数は特に多く、連続で5回程、トイレに

  行くのが常態となっています。本人いわく「若い時と違って、少しづつしか出ない」「布団の中ではおし

  こがしたいと思って、起きてトイレに来ると出ないのは困る」などと言っております。

 ・夜間のトイレ回数は6回程が常態なので熟睡出来ないので時々寝ぼけて、起きてきたのか、寝ようと

  しているのか解らない時がしばしばあります。幸い、大便はなく、おしっこも漏らしたことは無いのがす

  くいです。

■久しぶりの山歩きを楽しんで来ました。

 ・藍染山の南尾根ルートを探索してきました。「あとみっく」さんのブログで尾根に整備された道が出来た

  ことを知り、さっそく挑戦をしましたが、取り付きで間違い、急斜面の羊歯に閉口し諦めて下山しました。

 ・帰宅するのも時間が早いので、羊歯を漕ぐのは止めて、沢沿いの道を稜線めがけて詰めることにしま

  した。沢沿いには道がありますが、ところどころ崩壊しています。途中深い谷に出くわしますが、小尾根

  の高巻きで無事沢に戻りました。鉄塔No.69の付近の稜線に出ました。巡視路をとおり、藍染山に登り

  鉄塔NO.71からの尾根上の下降路を下りました。先般、富ノ谷沢を詰めた時の返り道に確認した状況と

  は違い、広い道が付いていました。

 ・山に入る前に、三軒家奥に住んでいる方に聞いたところ「道は整備されていると思います。よく整備に来

  られていましたから」との事で、つい先日も親子づれが歩いていかれましたと教えていただいた。

  整備している人を聞くと、どうも大坂地区の方らしい。登山道の整備お疲れさまです。お世話になります。

  とお礼を言いたいほどです。

 ・今回の失敗は、ブログでルートを確認をしたつもりだったが、なぜか登り口は尾根末端左側の斜面を
 
  を登り、稜線にでることしか考えておらず、取り付き点がわからなかった。

 ★★★ コース・タイム(羊歯漕ぎで撤退、ルート調査を含む)

 ・所要時分/5:17 ・距離/14.3km

 ・スタート/平山団地/09:24→高速道側道を経て川端奥郷/09:49→林道分岐一回目/10:02→

  林道分岐2回目/10:11→尾根取り付き/10:17→急斜面の羊歯に閉口、稜線まで上がれず引き

  返す/10:54→竹藪の白のビニール紐の目印を利用して再度取り付き/11:10→ルートが解らず

  引き返す/11:34→富士谷川分岐まで戻り左林道を遡る→赤テープの尾根取り付き点を見つけた

  ので、登ってみる/11:56→・296から伸びている尾根末端で、ルート開拓中のようで、少し登ると

  羊歯に阻まれ引き返す/12:04→沢を詰めることにした。→深いゴルジェを小尾根高巻きで沢にも

  どる/12:37→巡視路に出る/12:57→鉄塔No.70/13:04→藍染山/13:18→鉄塔No.71/13:22

尾根下降(刈り込まれたおり、広い道となっていた)→登山口/13:44→三番金泉寺/14:42(gool)

 ★★★ ルート図 ★★★
b0228959_0231530.jpg



「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
 及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平23情使、第642号)」
第3者がこの地図を複製又は利用する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

 ★★★ ルート写真 ★★★
b0228959_026517.jpg三軒家から藍染山を見る


b0228959_0275541.jpg沢沿いにある道。ところどころ崩壊しているがかなり奥まで続いている。

b0228959_0291964.jpg沢上部の状況


b0228959_0301281.jpg先般、偵察で見た状況とは
違い、開けて整備されているのには、驚いた。


b0228959_031339.jpg切り口が新しいので、つい最近の出来事と思われる。


b0228959_0371419.jpg尾根登り口にある祠
林道の分岐を右に入ると登り口が簡単に解る。林道の左に入ると巻き道で稜線にでれるルートがある
が、今回は見つけられなかった。
[PR]
by asan-3 | 2013-01-25 00:46 | 山歩き

劒岳の小窓尾根

■劒岳の小窓尾根での遭難捜索・・・一旦打ち切り

 ・新聞で報道されている劒岳の小窓尾根の遭難が、一旦打ち切りとなりました。捜索場所が場所だけに

  非常に困難であるということがあるのでしょう。積雪期登攀活動でも優秀な山岳会の方なので、残念で

  なりません。

 ・このルートは劒岳の積雪期登山の中でも、難度の高いルートです。それだけに過去にも雪崩等で遭難

  した事故のことを思い出します。雪洞を掘っていて、何とか生き延びていて欲しいと思いますが???

 ・私は今は、積雪期登攀などという山行は出来ませんが、若い時に、一度は登ってみたいルートでした。

 ★★★ 劒岳  小窓尾根  ★★★
b0228959_15275100.jpg
b0228959_15272188.jpg



■年末から歯の治療を開始しましたが、やっと終わりました。

 ・下の歯左部位に差し歯をしております。差し歯の金具がゆるみだしたので、お正月前に治そうと思い

  歯科医院に行けばよかったのに、自分で何とか出来るのではと思い、ラジオペンチ2本で少しづつ狭

  めて、具合よく入ったので安心していたら、食後に外れなくなり、かかりつけの猪子歯科に駆け込みま

  した。

 ・医院で、差し歯の調整をしたついでに、歯の状態をチェックしたところ、歯茎がいたるところで弱ってい

  ることと、虫歯が数本あることが解り、治療をすることになった。

  高齢になっている自分を考えると、早め早めの治療は良かった。

■歯科医院の待合室にあった「さかえ」と云う雑誌の記事から

 特集 腹囲3cm、体重3kg減らそう!!が目に入り、体重増に悩んでいる時期でもあるので、非常に

 参考になったので、複写して掲載します。

 ・腹囲を1cm減らすことが内臓脂肪を約1kg減らすことに相当します。3cmはベルトの穴一つ分に相当

  し、内臓脂肪を3kg落とすことで、体重が3kg落ちる計算になります。

 ・日本肥満学会では、腹囲3cm、体重3kgの減量を提案しているそうです。わたしもこの学会での対象者

  のひとりですので、気が気でありません。

 ・適正体重(身長×身長×22)まで体重を落とすことが理想的ですが、肥満気味の人がこの目標体重を設

  定すると10kg以上にもなり、気が遠くなるので、まずは、マイナス3m、マイナス3kgと目標を設定する

  とイメージが湧きやすいのではないかとの趣旨でした。

 ・食事を抜いて瘠せる方法は、内臓脂肪の減少にはならないので、運動をして内臓脂肪を減らしていく

  方法がいいのではないかと書かれていました。

 ・丁度、自分に当てはまる目標設定値だったので、腹囲と内臓脂肪とベルトの穴の関係はがってん、

  がってんでした。

 ・先日の健康診断の結果から目標にする数値は以下の通りと決定。

  体重=68.5kg→→→マイナス3kg→→→65.5kg (2010/63.4kg)

  腹囲=79.0cm→→→3cm→→→76.cm(2010/71.8cm)
[PR]
by asan-3 | 2013-01-11 20:17 | 山歩き

Win8proでDVDを見る

■Win8ProでDVDを見るためには、

 ・「Windows 8 Media Center Pack」を購入してインストールようにとのことであった。

 ・2013/1/31までキャンペーン期間で、無償提供をされているので、1/3インターネットで申込をして

  おいたところ、1/8にプロダクトキーが送られてきた。(win8Proの認証が遅かったためか?)

 ・DVDはテレビでは観るが、パソコンでは観ない。ただ、最近DVDソフトをネットでダウンロードして観

  る機会があるかも知れないので、取り合えず無償なので、インストールする。

 ・このプロダクトキーは電子メールアドレスに1件、加えて1台のみのコンピュータしか使用できないと

  なっているので、(インストールはノートにした)ディスクトップ用として、プロダクトキーを無償で確保

  する方法はないものだろうかとずるいことを考えてしまう。

■Win8でのディスクトップ画面に、win7で使っていたスタートメニューを出す、ソフトがあることを教えて

 もらったので、インストールしてみた。

 ・インストール時は英文であったが、ダウンロード後の画面は日本語対応であり、拡張機能もあるので

  使い易いように工夫をしょう。

 ・ソフト名称  Classic Shell
 
■近頃は、Win8のことが気になり、インストールしたノートパソコンをいじる時間が増えてしまった。

 
[PR]
by asan-3 | 2013-01-09 22:14 | その他

初乗り

■母の状態・・・・・良好です。

 ・5日の土曜日は今年初のディーサービスの日でした。元気でお出かけ出来、入浴も嫌がらずにした

  とのことでした。

 ・今年に入り、クロスワード雑誌を4冊新しい号を購入して来ました。最近はクロスワードを朝から夕方

  まで、飽きずに集中してして挑戦しています。

 ・自分が読むために、中公文庫の文庫本を2冊購入してソファーの前の座卓に置いてあったのを、読ん

  でいました。小さい文字なのに、判読出来るのか、熱心に読んでいます。感心してしまいます。

  深沢七郎の「楢山節考」・「言わなければよかったのに日記」の2冊です。もちろん、母が読んでいたの

  は「言わなければよかったのに日記」です。

■ローラ台(LS9.9IC)日誌  2012/01/06

 ・今年の初乗り練習です。 乗車中のケイデンス、タイム、心拍数は表示されがデータ保存不可。

 ・所要時分/1:11(10:31-11:41) 1set/30分×2set・・・・・・・・suunto/t6cで計測

 ・心拍数 Max/124bpm  Avg/99bpm・・・・・・・・・・・・・・・・・・・suunto/t6cで計測

 ・回転数 平均90・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ローラ台での表示値から


■win8Proインストールに成功!!

 ・対象PC dynabook EX/35KBL
/cpu-2.20GHz /Ram-2GB /内臓HDD-320GB /Os-Windows7 HomePremium32bit

 ・米津師匠のアドバイスどおり、C:¥をフォーマットして、D:¥にあるリカバリーツールでC:¥をリカバ

  リーしたのち、Win8Proにアップする。インストールは順調に進んで完了となったがその後のdyna

bookの設定が順調に進まず、原因がよく解らないまま、PCに接続しているデバイスは無線LANの

みだったのを思い出して、取り合えず、無線LANアダプタの電源をOffにした後、設定が進みだした

のでホットした。

 ・少し時間は掛かったが、何とか無事インストールも終わり、dynabookの設定も終わって、Win8のあ

  の画面が出た。

 ・インターネットにも自動的に繋がり、メールはHOTMAILを利用。microsoftアカウントを設定。

 ・microsoftのエクセル、ワード、パワーポイントはverup版にも拘わらず、何も聞いてこず、すんなり

  インストール完了となり、ついでに一太郎創もインストールする。

■Win8の操作は、解説本でも購入して勉強することにする。

★★★  テラスに置いてある花鉢 ★★★
b0228959_13265382.jpg
b0228959_13271042.jpg
[PR]
by asan-3 | 2013-01-07 20:08 | 自宅室内トレニング

三角点名:大宮から尾根末端まで

■三角点名:大宮(286.8m)から尾根末端まで

 ・昨年の11月21日、初めてこの尾根に取り付き、三角点名:大宮を踏破した時、取り付き点は基準点

  成果等閲覧サービスの要図で示されていた池の右側から登った。その日は、巡視路縦走路がある

  稜線まで登ったが、三角点から末端尾根にも歩き易い道があったように記憶していたので、調べて

  みた。

 ・1月5日のベタノ谷沢踏査の返り道、前回と同じルートで三角点まで登る。三角点からは尾根末端まで

  稜線どおしで下って見る。尾根が広いので、ルートが定まらなかったが、少し窪んだ処が歩き易いの
 
  で、窪地をルートとした。ほぼ、稜線づたいに降りているので、これで正解なんだと思った。

 ・尾根末端付近で、少し羊歯の中を歩いたが、枯れかかっているのでそんなに苦労はしなかった。

  ベタノ谷林道の入口に四国の道の道標があるが、その手前のスッパリと切れ落ちが尾根上に出た。

  道への下降は尾根から左側に降りると簡単に道に出た。

 ・コースタイム (ナタを振るったのは、尾根下部の羊歯の処だけ)

  峠・折野分岐点付近に駐車/13:19→尾根取り付き点/13:20→道らしさがなくなった地点/13:32

ややトラバース気味に登ると三角点/13:44→尾根末端/14:45→道路に出る/14:08→駐車場

  14:55

 ・歩いた距離/1.6km ・所要時分/00:55

 ★★★ コース図 ★★★
b0228959_201820100.jpg



 ★★★ 尾根の写真 ★★★
b0228959_20201489.jpg案外開けている尾根筋


b0228959_2021661.jpg尾根末端近くの羊歯群


b0228959_20221310.jpg尾根末端の下降口




 ★★★花折大明神の神社があり、いつも花がお供えされています。★★★
b0228959_2024233.jpg


b0228959_2025638.jpg


折大大明神について、下記のようなことが書かれていた看板がありました。
「花折大明神さんは女神様でございます(御名前不祥)
今から約六百年前(南北朝時代)にこの地(鳴門市折野桑内原と板野町大坂東谷)との境界地を時の権力者に追われて逃避行中に御神様にお成りになりました。(伝説)
爾来信者(通行人)等は草花や緑樹等を神前にお供えして
私は今から○○地へ参ります。どうか無事に○○地へ着きますようにと真心から礼拝していました。以下略」
[PR]
by asan-3 | 2013-01-06 19:44 | トレイル

ベタノ谷の沢から巡視路稜線へ

Win8/Proのインストールの結果・・・・・成功出来ずに終わる。

 ・win7からwin8へのアップ版を購入したので、ディスクトップ/Express5800はアップせず試用PC

  としてノートパソコンdynabook/EX/35KBLにwin8proをインストールすることにした。

 ・事前にWindows8アップグレードアシスタントでレポートを出力させて、互換性の有無等を確認した

 ・win8proをインストールをすると、レポートで互換性がないドライバー、ソフト等を削除することが前提

  となっており、Toshiba関連のドライバーを削除したのち、ウイルスバスターを手動で削除するように

  要求された。

 ・ウイルスバスターの削除はコントロールからのアンインストールでは、完全に削除されず、どこかにそ

  の一部が残ってしまい、何度もこのウイルスバスターを手動で削除のメッセージが出て、インストール

  が出来ない。

 ・インストールする際に「何も引き継がない」を選択すると、インストールを開始して完了となったので喜ん

  でいたら、Win8の小さな旗が出て以降画面表示が出ず、インストールに失敗しましたと表示された。

 ・やもうえず、コントロールのシステム復旧でドライバーを削除した時点まで復旧するはめになった。

■dynabook Ex/35kBLは、Toshibaの情報では、win8への対応機種でないことは事前に解っていたが

 やはり、ダメだった。  しばらくwin8proのインストールは休憩です。

ベタノ谷の沢を詰めて、稜線鞍部に出る

 ・現在の地図では、ベタノ谷の沢に記載されている道は1箇所で途中までですが、古い地形図では稜線

  まで伸び、稜線鞍部から反対側の富ノ谷を下降して、川端地区・三軒家に出る道が記載されている。

 ・富ノ谷を詰めて稜線までは、先日踏査すみなので、今回は讃岐側のベタノ谷の沢を詰めて稜線まで

  歩いてみました。

 ・地図上に道が記載されているとおり、広めの林道が沢沿いに着けられていました。標高150mあたり

  まで林道があり、それ以降は、道が細くなり、フミ跡だけのゴロゴロ道を辿ります。沢の分岐点では

  左俣を選択したが、間違いと解り引き返し、右俣を進む。どんどん傾斜がきつくなり高度を稼ぐ。

 ・沢の上部でまた二股に出合、今度は左俣を選択するも、なんとなく鞍部にどんぴしゃりとはいかない

  様子なので、左にトラバースして、小尾根にルートを取った。結果的にこの選択が正しく、鞍部の直下

  に出ることが出来た。

 ・稜線はよく走って慣れている道なので、あっというまに徳島北灘線の道路に下降出来た。跡はただ走る

  のみで、駐車場に着いて終わる。

 ■コースタイム(林道からの沢筋の道は悪く、上部は傾斜がきつく、ずり落ちながら這い上がる状態になる
           ので、自己責任で対応願います。)

  車道の駐車場/11:11→ベタノ谷林道分岐/11:18→林道からの下降点/11:23→二股分岐点/11:39

間違いだとわかり引き返す/11:49→右俣出合/11:56→上部で小沢の分岐点/12:07→右俣に入るも

  少しずれるので、左にトラバースして小尾根に取り付き/12:12→上部の広い樹林帯に出る/12:22

稜線最低鞍部/12:32→万石山分岐点/12:39→徳島北灘線道路に下降/12:47→駐車場/13:04

・走行距離/6.8km ・走行時間/1:53

 ★★★ コース図   ★★★
b0228959_17102315.jpg


この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
 及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平23情使、第642号)」
第3者がこの地図を複製又は利用する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

 ★★★ コースルート写真 ★★★
b0228959_1712569.jpg林道からの下降点

b0228959_17132460.jpg沢沿いに付いている林道


b0228959_1714771.jpg林道終点から本格的な沢道の状況

b0228959_17151678.jpg上部の沢の状況

b0228959_17154457.jpg稜線鞍部に出る

b0228959_17161554.jpg
徳島北灘線に下降した
ところから大麻山と卯辰峠への稜線

[PR]
by asan-3 | 2013-01-05 20:28 | トレイル

特定健診の結果

■板野町の特定健診の結果

 ・早くから健診を受診していればよかったのですが、ずるずると伸びて、12月21日に滑り込み受診

  をしました。年末年始を挟んでいたので、結果を聞きに今日行った次第です。

 ・受診結果は全て基準内でどの項目も正常でした。

 ・もっとも気になっていた前立腺がん検診結果も異常なしでした。
  前立腺特異抗原(PSA)値  0.581ng/mlでした(正常上限4.00以下ng/ml)

 ・肝機能は正常です。
  GOT値/25ui GPT値/20ui r-GTP/23ui

 ・血圧は正常です。
  収縮期血圧値/108mmHg 拡張期血圧値/68mmHg

 ・血糖検査の結果血糖は正常です。
  空腹時血糖値/84mg/dl HbA1c%値/5.0%

 ・脂質は正常です。
  中性脂肪値/102mg/dl HDL-コレストロール値/20ui LDL-コレステロール値/139ui

 ・肝機能は正常です。
  AST値/25ui  ALT値/20ui  r-GT値/23ui
  クレアチニン値/0.70mg/dl 尿酸値/5.6mg/dl

▼身体計測値が前々回から悪くなっている。
   ・体重 68.5kg 前々回(2010/10/19)/63.4kg
   ・腹囲 79.0cm 前々回(2010/10/19)/71.8cm
   ・BMI 24.6 前々回(2010/10/19)22.6

■Windowsの新しいOS・・・・・win8への旧PCのデータ転送編

 ・年末に、友人が新しいPCを購入したとの連絡があり、どうもwin8が入った最新の機種とのこと。

  古いパソコンにある各種設定ファイルおよびデータ、メール関連、ネットワーク関連のデータの移行

  をして欲しいとの要請であった。

 ・Win8の画面はアイコンがならび、どこを触っていいのか戸惑うばかりであった。スタートメニューは

  なく、電源関連のアイコンも見当たらず、電源OFFする時は、シャットダウンでなく、強制OFFとなり

  大変困った。特にコントロール画面が見当たらず、設定等が解らず、その日は諦めた。

 ・帰宅時にパソコンショップに立ち寄り「Win8の使い方」の本を購入して、次の日に備えた。データ

  の移転手順書を作成して、2回目の訪問時は134GBの外付けHDDでデータ転送を試みた。

 ・2回目でデータ転送はうまく終わり、ネットワーク設定、インターネット設定、メールのアドレスおよび

  メッセージ等も転送出来た。

 ・インターネットは正常に動いたが、メールの送信でトラブル。パソコン師匠に電話したり、プロバイダ-

  に電話したりして、何とか送信出来るようになり、夜遅く帰宅することができて良かった。


■Windows 8Proをゲット!!

 ・友人のパソコン環境を自分も造りたいと思い、メールソフトはwindows Live mail 2012にVERUP

  した。

 ・ついでにOSもVerupすることにしたので、Windows8proのバージョンアップ版を購入した。

  メインのPCには少し様子見てからVerupすることにして、とりあえず試験的にノートPCをVerup

  することにした。

 ★★★ Windows 8 Pro ★★★
b0228959_21525386.jpgMicrosoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)
参考価格:¥ 6,090
価格:¥ 4,934 国内配送料無料
 

[PR]
by asan-3 | 2013-01-04 22:45 | その他


里山で楽しく遊ぼう


by 阿讃同人

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
母の自宅介護
自宅室内トレニング
トレイル
ロードラン
休養日
大会
その他
花・樹木
山歩き
田園パーク
藍住OK
バイク
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

フォロー中のブログ

55WEBヨネヅレコード
なるきんのつぶやき
じんぼう暇なし~神保接骨...
北灘のきんちゃんのブログ
☆☆今夜も眠れないかも☆☆
阿讃の山と谷

エキサイト以外のブログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧