<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

高尾山から分水嶺尾根経由ロードラン

トレイルラン    高尾山から分水嶺尾根下降&ロードラン

 ・三角点名:大宮の分水嶺尾根の整備を2日間実施。まだまだトレイルランのコースとは言えないが

  薄いタイツでも走行可能であるので、一度試走して、整備箇所を見つけることとする。

 ★走行距離/13.5km    ★所要時間/2:39

★コース・タイム トレイルラン ★

  自宅スタート/14:42→奥宮登山口/14:53→高尾山/15:14→三角点関柱/15:16→尾根/15:36

  分水嶺尾根下降点/15:48→P307/16:07(直登したため、迷ってしまった。途中から刈り込んでいな

  い羊歯の中を下る。ルートはベタノ側を巻く)→三角点名:大宮286m/16:29→尾根末端/16:37

(登山口から尾根末端までの所要時分/1:44)

  尾根末端/16:37→奥宮神社/17:16→亀山神社Gool/17:22

(ロードランは所要時分/0:45)

★コース図★
  
b0228959_11194624.jpg



  ★可憐な花を見つけました★
  
b0228959_1122487.jpg

[PR]
by asan-3 | 2013-03-31 11:01 | トレイル

岩脇公園の桜&雪見うどん

■母の体調

 ・昨日、午後に2日間便秘状態だったので、ブルゼニド錠12mgを一錠服用させた。その日に効果が

  あったが、やはり便器に座る前に、紙パンツを二回汚してしまった。汚物の後始末は大変で、いつも

  二人がかりとなる。

 ・今朝は、正常に戻ったので、安心して通所に送り出すことが出来た。通所では、近くの運動公園の花

  見に参加したとのこと、車椅子での移動なので、係の人のお世話役に感謝です。


★★県南のお花見のお誘い  岩脇公園★★

b0228959_1239467.jpg満開の桜のトンネル


b0228959_12393978.jpg土曜日だったので車で通行出来た。

b0228959_1240742.jpg雪見うどん 600円
店名 うどん みぽりん
[PR]
by asan-3 | 2013-03-30 12:47 | 花・樹木

リカバリー期間の日々のトレーニング開始

■母の体調  まずまずの体調

・ベットでの寝返りが出来るようになった。寝姿はどちらかの方向に体を向けて寝るスタイル。天井を見て

  上向きに寝ることは、腰が痛いと言って寝ない。

 ・左側大腿部基部骨折以降、左側を上にしてずっと寝ていたので、右側の大腿部付近に褥瘡が出来て

  しまった。褥瘡が治らないので、診察を受けると右側の褥瘡部位が圧迫されている状態が原因ではな

  いかとの診断結果後、出来るだけ右側を上にして寝るスタイルを進めるが、頑として受け付けず困って

  いた。

 ・仕方なく、ベットの仕様を変更して、枕の向きを変更した。枕の向きが南向きから北向きになるが辛抱し

  てもらう。(本人は気づいていない)

  それ以降は褥瘡の部位を上にして寝る時間帯が増え、最近は何も言わなくても、体を入れ替えして寝る

  ようになった。

 ・寝ている体の向きを時々変えることによって、褥瘡も次第に小さくなり、足のむくみも引きようになった。


★★日々のトレーニング★★

 ★軽い筋トレ&ストレッチ・・・・・・0:30
   ・腹筋、背筋、スクワット・・・・ihone/app利用
   ・軽いストレッチ・・・・・・・・・・・マット使用、StretchPole使用

 ★バイクローラ台・・・・・・・・・・・・0:30

   ・LS9.9IC使用
   ・平均HR/116bpm   
   ・ピークepoc/47ml/kg

 ・部屋の広さの関係で、ポータプルトイレの位置が変更出来なかった。  
[PR]
by asan-3 | 2013-03-29 10:36 | 母の自宅介護

1年を振り返って

■1年を振り返って・・・・・誕生日に思うこと!!

・古希を迎えて、あっと言う間に1年が過ぎてしまいました。この一年間いろいろな

ことがありました。

 70歳でのウルトラルトレイ160km踏破の夢を断念して、介護の世界に身を挺し

ました。介護の世界は、やはり厳しいものがあり、あれこれ欲張った思いはことごと

く潰れていきました。それでも大会出場への想いは消えることはありませんでした。

 ・IRONMAN大会、ウルトラマラソン、トレイルランニング等々への出場は昨年の6月頃

に断念をして、その後のトレーニングはしなくなりました。まもなく練習をやめて1年

がこようとしています。その間に新しい試みとして、里山歩きを続けてきました。

 ・里山は標高こそ低いが、行く度に新しい発見があり、精神的に大変癒やされてきました。

岩や雪とは違う世界があり、楽しい日々を過ごしています。

でも、でも・・・・心の奥底で「走ること止めたら、終わりやで」

  「ほんとうに、諦めるんか」って時々、悪魔がささやきます。

 ・止めると決めたのに、なんで揺れるのか、優柔不断な自分に嫌気がさしてきます。

  悩んでしまいます。

  生きていく上で、明確な目標を設定することは、とても大事だと思います。

 ・電電徳島山の会が積雪期登攀が出来るまで長期5年計画、ヒマラヤ登山までの三カ年

  計画、還暦を迎えてのこれからの人生計画でアイアンマンに挑戦を決めての各年度ト
 
  レーニング計画など思い出しています。

  すべて成果があったとは思いませんが、それなりに情熱を燃やし、悔いの無い生き方

  をしてきたと自負しています。

 ・自分の決めたライフワークを達成する上で、その基盤となるのは、やはり「連れ合い」

  の支援であった。

  これからは、白寿を迎えた母を自宅で介護しながらの支援をいただくことになるが、

  出来るだけ迷惑をかけないよう、あくまで「介護の合間に走ろう」の気持を保持して

  いくつもりである。

 ・71歳から75歳までの目標をやはり設定しようと決断しました。

  母の体調との兼ね合いで、実行が出来ない時もあると思いますが、それでも目標に

  向かって生活をすることは、たとえその道が「細い蜘蛛の糸」であっても登ってい

  こうと思っています。

 
★★★71歳から75歳までの計画の概要 ★★★


75歳でUTMF160kmを完走

    することを最終目標とする。

②年度別の到達点を設定して、練習内容を決める。

・2013年(71歳)・・・・
 練習不足で落ちた体力等を回復するために、すこしづつトレーニングメニュー

 を増やしていく、リカバリー期間とします。

 フルマラソン大会1本、トレイルラン大会1本出場予定

・2014年(72歳)・・・・
 第1次強化年として、日本山岳耐久レース(72km)を目標とする。

・2015年(73歳)・・・・
 第2次強化年として、信越五岳トレイル110kmを目標とする。

・2016年(74歳)・・・・
 調整期間年として、リハーサルとしてUTMF90kmを目標とする。

・2017年(75歳)・・・・
 本番のUTMF160kmを完走することを目標とする。



★★★ 誕生祝いのメッセージ・・・アイアンマン大会旅行会社より ★★★

  人は年をとるから走るのをやめるのではない

        走るのをやめるから年をとるのだ
           
       
                                Born to Run より

■アイアンマン大会(海外)への出場の際に、お世話になっていたツァー会社より

 毎年、誕生日にメッセージをはがきで送ってくれている。

 大会出場を2009年に断念して、4年にもなるのに、70歳台でのアイアンマン

 大会への出場をしている方もいるので、お誘いが続いている。
[PR]
by asan-3 | 2013-03-28 08:54 | その他

三角点大宮の分水嶺尾根整備 往復

■母の体調・・・・頭の傷も癒え、今日はディーサービスにお出かけする。

 ・後頭部の傷跡の縫合用の針が見えるが、そのままにして置く。傷口の痛みが無いので、ディーサービス

  に行くことにした。ただし、入浴はするが、頭は洗わないことを依頼する。

 ・ディーサービスで入浴もすませ、看護婦さんに褥瘡の手当をしてもらう。帰宅後は少し疲れがあるのか

  ソファーで居眠りばかりしていたそうである。


■三角点大宮の分水嶺尾根の整備/2回目

 ・今日は、尾根の羊歯を刈りながら、藍染山からの稜線に出て、鉄塔No.69から引き返すことにした。

 ・尾根の羊歯がある区間は予想より長く、羊歯を刈る作業にも骨が折れる。途中、鎌の柄が折れて

  短くなってしまい、腕の疲れが倍増する。傾斜地もあるので、電動の草刈り釜より普通の釜が有効

  であることが解る。

 ・トレイルランのコースにと思っていたが、走れるコースにするには、羊歯を相当刈り込まないとダメで

  ある。稜線の上がる最後の区間は急登である。後数回歩き込んでみての判断となるだろう。

 ・取りあえずは、トレランの薄いパンツ(長いものが良い)での行動は何とか可能な状態には出来た。

  鉄塔No.69から稜線に直登して、分水嶺下降点までの間は、羊歯等はなく、灌木の間を歩ける。

 ・鉄塔からの折返しで、尊敬している「あとみっく」さんに出合う。いい体格をしていて、パワーがありそう

  な風貌であった。以前に巡視路伝いで高尾山から天円山まで行けますよとアドバイスして頂いたのも

  やはり「あとみっく」さんであった。

★★★ 分水嶺尾根 ★★★
b0228959_22161030.jpg


★★★ コース・タイム  往復路とも羊歯を刈りながらの歩行 距離/7.5km  所要時間/8:19

 折野分岐に車を駐車して、取り付きまで歩く。 尾根末端取り付き/09:34→三角点286.8大宮/09:50

・307はベタノ谷側を巻く/11:51→藍染山からの稜線に出る/13:12→巡視路合流/13:21→昼食→

  鉄塔No.70/13:36→鉄塔No.69/13:43→少しバックして稜線のピーク320mまで直登/13:55→

  ピーク370m/14:11→途中で「あとみっく」さんのグループに会う→分水嶺下降点/14:48→P307

  を経て下るもブッシュが酷いので右に逃げる/15:57→巻き道を刈り上げに戻る→往路で残してあった

  深い羊歯区間の刈り上げに腕が悲鳴をあげる→三角点からは昔木を下ろしていた道跡を下る→

  花折大明神の祠/17:46→駐車場/17:51

★★★コース写真★★★
b0228959_2241979.jpg鉄塔NO.69から直登したピーク320mの様子


b0228959_22422353.jpg稜線どうしのピーク370m
の様子


[PR]
by asan-3 | 2013-03-26 22:53 | 山歩き

後頭部創傷その後

■母の体調・・・・傷の痛みもなく、寝た。

 ・後頭部の打撲で負った傷は、昨日帰宅後の頃は、痛みを訴えることなく、過ごしていた。寝ている時に

  ガーゼを取ってしまわないか心配していたが、そんなこともなく朝を迎えた。

 ★★★後頭部の傷の手当★★★
b0228959_938688.jpg


  月曜日に再検診に来て下さいとのことであったので、混んでいる午前中をさけて、午後に検診を受けた

  頭部の傷は、約2cm程で、縫合のホッチキスの数は10本を超えていたのには、多少驚く。最初の処置

  で出血が止まらなかったので、追加したのではないかと想像する。

  頭のガーゼは取って、ホッチキスの針がむき出しのままの状態となる。水道水程度であれば、洗っても

 
  良いとの指示であった。

■後頭部を打撲したのに、頭の回転は鋭くなり、昨日帰宅後から今朝までの間、理屈を言って、我が儘

 ぶりを発揮している。

   ★ソファーの新聞を取ろうとしている母の姿を見ていると・・・・・

     ■「私が新聞を取ろうとしているのに、じっと見ているだけで・・・」と言うので、「取って欲しいと」

      言いないと私が言うと、すかさず母は「取ってと言って、取ってもらうのは、毎回取ってと言わな

      あかんで・・・」・「それより、黙っていても気を利かすことが大事でよ・・・・」と言われてしまう。

      「わかりました」と言うと「私は、しつけをしよるんでよ、よそへ行ったら恥をかくけん・・・」とのこと。

   ★今朝、着替えをさせている時に・・・・

     ■「足袋を履かせて」と言ったので、「これは、足袋ではないでよ、ソックスでよ」と言い返すと、しばら

      く考えてこう言った。「足袋は二言ですむけんど、ソックスは余計言わなあかんで・・・」と負け惜しみ

      を言う。

★★★ 姫辛夷  満開です!! ★★★
b0228959_9362264.jpg

[PR]
by asan-3 | 2013-03-25 15:53 | 母の自宅介護

母 後頭部創傷(軽傷)

■母の体調

 ・昨夜の就寝はいつものとおり20時頃であったが、第一回目の起床は01時半頃であった。その後も

  トイレ介助は約1時間強の間隔で、介助は楽でよく寝られた。

後頭部創傷

 ・午前10時半頃に転倒して、後頭部を打って、出血をした。トイレに行こうとしてソファーから立ち上った

  際に転倒して、ソファーの角で頭を打ったようだ。

 ・自分は、三角点大宮がある分水嶺尾根の整備に出かけていた。低い羊歯をかき分けて歩く地点まで

  行った時、携帯電話が鳴り、母の転倒を知る。

 ・傷の程度が不明であるが、頭部を打撲して出血しているので、救急車で以前も治療をしていただいた

  きたじま田岡病院の脳神経外科に行くよう指示して、山を降りる。

 ・病院に着いた頃には、傷の縫合も終え、車椅子に乗り、少し頭が痛いという程度で元気であったので

  ほっとした。とにかく母は春先が毎年、鬼門である。昨年も4/9に転倒して骨折入院をしている。

■三角点:大宮がある分水嶺尾根の整備

 ・この夏に、高尾山からこの尾根を下降して、大坂峠展望台を経て、鵜の田尾方面にトレイルランをする

  計画があるので、難関のこの尾根の羊歯を何とか刈り上げておきたいと思った。

 ★★今日の整備結果  1.3km程 羊歯が密集している箇所までで終わる ★★★

 ・往復距離 2.7km ・往復時間 1:57

・折野分岐点に駐車/08:57→尾根末端から取り付き/09:05→三角点:大宮/09:46→引き返し点

/10:31→花折大明神の祠/10:50→駐車場/10:54

★★★ ルート図 ★★★
b0228959_2281931.jpg


「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
 及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平23情使、第642号)」
第3者がこの地図を複製又は利用する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。 

★★★ 三角点名:大宮  286.8m ★★★
b0228959_229856.jpg草刈り釜を持参する。この
草刈り釜は、東四国国体の山岳競技踏査コース調査時に使用したものである。その後使っていなかったが再登場する日が来た。

[PR]
by asan-3 | 2013-03-24 22:15 | 母の自宅介護

白寿のお祝い

白寿のお祝い・・・・自宅で子供達に囲まれてささやかなお祝いをする。

 ・母は、満98歳と5ヶ月になります。現在は車椅子生活で比較的健康です。元気な時期に白寿のお祝い

  を自宅ですることになりました。お祝い会は出来るだけ質素にということで、子供達でのお祝い会になり

  ました。

 ・今年の10月23日が来れば、満99歳となります。子供は4人とも世帯をもち、病院にも行かず、全員が

  元気に暮らしていることが、一番嬉しいと母は言っています。孫は5人でひい孫は2人います。

  それぞれ遠隔地なので、ときどき会に来て貰っています。ひい孫の写真をいつもソファーの前の座卓に

  置いて眺めています。

 ・平成15年7月から近くのディーサービスセンターに週3回行くようになりました。当時は要介護1でしたが

  途中でなぜか、支援になり、再審査の結果要介護1になりました。現在は昨年の春に転倒して骨折手術

  退院後は車椅子生活となったため、要介護3となっています。

 ・現在、介護福祉用具としては①2M電動ベット&介助バー付 ②車椅子 ③ポータプルトイレ ④赤外線

  離床センサーを利用しています。介護福祉の補助金でトイレの手すり(はね上げ式)を設置しました。

 ・現在の生活は、朝の起床時には、着替えの介助が必要です。室内のトイレ移動は、車椅子での移動と

  なり、夜のトイレはベットの横のポータプルトイレでしていますが、ベットからの移動時には身体を支えた

  り、下着を下ろしたり、また、寝るときは、ベットの上布団を手直しをしています。食事時は車椅子で移動

  して、自分で食べています。食卓からソファーに移動する際は、リハビリを兼ねて、伝い歩きをさせていま

  す。

 ・介護の程度でいえば、夜のトイレ介助がきついだけで、その他は楽である。辛うじて、自分で車椅子に乗

  ることが出来、着替え時も手をベットに添えれば、両足で立てることが出来ます。そんな状態が続く限り

  は、自宅で介護を続けていくつもりである。

 ・母がこれからも元気で、すこしでも楽しいことがある生活を送れることを祈りながら

 子供達でお祝いをしました。

★★★お祝い会の風景 ★★★
b0228959_20352744.jpg自宅の食卓と座卓とに別れて座る。次男・次女・長女と母

b0228959_20361623.jpg皆に囲まれての楽しい食事

b0228959_20501273.jpg次女・母・長女との記念写真

[PR]
by asan-3 | 2013-03-21 23:17 | 母の自宅介護

朝食後夕方までソファーでよく寝ていた

■母の体調・・・・朝食後夕方までソファーでよく寝ていた。

 ・昨夜の介助は大変だった。睡眠導入剤とかゆみ止めの錠剤を飲ませたが、一向に効き目がなく、就寝

  後(20時)から30分~10分間隔で起きてくる。あまりにも回数が多いので心配したが、起きてきても排尿

  は3回に一度程度しか用をたたず、その上、ベットから起きることが出来ず、引き起こすのに大変な力が

  必要となり、変な姿勢でするので腰が少し痛くなった。

 ・トイレのすぐ横にあるポータプルトイレにも下着をぬいで座ることが出来ず、巨体をささえて、下着を下ろ

  すのに疲れてしまう。こんなに状態で朝まで体力と気力が持つのか不安であったが、その夜はなぜか

  寝不足の割には、フラフラしなかった。

 ・そんな彼女も、朝食はしっかり食べた。ただその後はソファーで居眠りばかりとなった。

特定健診の結果・・・・H24/12/22受診

 ・判定値を越えている項目は・・・・LDLコレステロール/基準値~119mg/dl   139mg/dl

  67歳から71歳までの間の数値は判定値を僅かに超えていて、毎年危険度判定では4となっている。

 ・判定値を越えてはいないが要注意項目は・・・・

  ・体重 68.5kg・・・・68歳から右肩上がりで増えつづけている。

  ・BMI 18.5~24.9・・・・24.6  判定値ぎりぎり

  ・腹囲 基準値は85cm未満となっているが、79cmもあり67歳以降ではダントツのMax値

 ・その他の項目は基準値以内となっていた。
[PR]
by asan-3 | 2013-03-19 17:41 | 母の自宅介護

一気に咲いた姫辛夷

■母の体調

 ・右大腿部の褥瘡は、少しづつ小さくなりつつあります。通所の看護婦さんが褥瘡の処方をしていた

  だけるので、大変助かっています。デュオアクエィブETを使用。

 ・眉間のかき傷が治らず、いつも出血しているか、かさぼたを造っていて見ていても痛々しい。なんとか

  治してやりたいが、ここ数年ずっと同じ症状が続いている。先般の褥瘡の手当の帰り道、新野外科に

  て診察をしていただく。

 ・診察結果、特別の処方はなく、従来いただいていたステロイドの外薬/メサデルム軟膏を塗ることに

  なった他、そう痒感を抑制する内服薬としてザイザル錠5mgを処方していただく。

 ・この錠剤が一定の効果があり、寝ている間に掻きむしる行為が無くなってきた。以前は朝起きてくる

  と、眉間の傷が血だらけになっていたことが再三あったので、当分はこの錠剤を服用させることにし

  た。

 ・夜のトイレ回数は相変わらずであり、寝不足状態が慢性化して来て、最近はやる気が起きてこない

  状態に陥っている。

■庭の姫辛夷の花が一斉に咲いた。
b0228959_1112667.jpg

b0228959_1112217.jpg

b0228959_11123480.jpg



[PR]
by asan-3 | 2013-03-18 11:15 | 花・樹木


里山で楽しく遊ぼう


by 阿讃同人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
母の自宅介護
自宅室内トレニング
トレイル
ロードラン
休養日
大会
その他
花・樹木
山歩き
田園パーク
藍住OK
バイク
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

フォロー中のブログ

55WEBヨネヅレコード
なるきんのつぶやき
じんぼう暇なし~神保接骨...
北灘のきんちゃんのブログ
☆☆今夜も眠れないかも☆☆
阿讃の山と谷

エキサイト以外のブログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧