<   2013年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

昨日、体調確認で少し走って見た

■母と私の体調

 ・昨夜はトイレ回数も少なく、よく寝られました。

 ・今日は、ディーサービスの日です。体調も回復したようなので、行くようです。

 ・私も、今朝は咳をしても、痰があまり出なくなり、気管支の痛みも少しやわらいで来ました。

b0228959_94801.jpg毎年、徳島新聞販売所から配布される福壽暦が母のバイブルとなっています。


b0228959_9585544.jpgクイズ用の筆記用具を毎日整頓しています。


b0228959_9483660.jpg愛唱歌はほとんど知っていると言って、時々歌ってくれますが、節と音階はすべて同じという音痴です。


b0228959_949336.jpg置き時計の横に、湿度と気温を測るグッズを置きました。


★★ 平成25年7月体重管理表・・・クリックで拡大出来ます ★★
b0228959_7411247.jpg

   ・体重   Avg/66.7kg Max/68.0kg Min/66.0 7/31--66.0 目標達成

   ・体脂肪率  Avg/16.5% Max/17.3% Min/15.4% 7/31--16.5% ▲-0.5%




★★  昨日(7/30) 体調の確認で、40分ほど走って見た ★★

  ・走行距離/5.2km 0:10/5km/h→0:20/9km/h→0:30/10km/h→0:35/11km/h

  ・11km/hに速度を上げて走っていた時、右足アキレス腱付近に違和感発生。ラン中止

  ・気管支炎でまともに走れないと思っていましたが、そうでもなく、鼻水が出たぐらいで、心拍数

   も140bpm付近まで上げれることが出来たので、ホットする。30分程度で軽いJOGであれば

   練習可能と思われる。でも、気管支炎が慢性になっては禍根を残しそうで心配でもある。
[PR]
by asan-3 | 2013-07-31 07:54 | 藍住OK

母の要注意観察

■母と私の体調・・・二人とも良くなっています。
b0228959_11313962.jpgここ数日、夜のトイレ介助も普段どおり。朝食もほぼ完食をして、昼間もおとなしくクイズ等をするほど体調は回復しました。


 ・ただ、しばらくの間は、発汗量のチェックはかがせません。朝の着替え時等に、背中に少し汗がにじん

  でいたり、昼間でも首筋や背中の汗を、ぬれタオルでこまめに拭いています。

  自律神経の働きが鈍化して、体温調整が出来ない身体となっているので、人為的に身体の汗をチェック

  して、人手で対応せざるを得ません。

       (ほんとうに、24時間完全看護となりました。)

 ・私は、相変わらず鼻水が出て、咳や痰が止まりません。昨日(29日)、最上耳鼻咽喉科で再診察を受け

  ました。やはり蓄膿があり、膿が溜まっているそうです。膿を吸い取り、鼻を洗浄して帰りました。

  鼻の通りがよくなり、鼻声もなくなり、頭がスッキリして来ました。

  しばらくの間、鼻の洗浄に毎日通うことになりました。(車で10分ほど)

★★★ 憧れであったラインダー  戸井十月 64歳 肺がんで死亡  ★★★

b0228959_9534889.jpg戸井十月のプロフィール
戸井十月(とい じゅうがつ)  作家
1948年(S. 23) 10月12日
東京、新宿生まれ
1970年 武蔵野美術大学商業デザイン科中退
以後、ルポライター、小説家として活躍



★★★  五大陸をロードバイクで走破  ★★★
b0228959_10392584.jpg北米大陸一周
1997/05~089
104day
31,430km


b0228959_10405334.jpg豪州大陸一周
1998/07~08
46day
12,670km


b0228959_10414158.jpgアフリカ大陸一周
2001/04~06
100day
20,000km


b0228959_10422758.jpg南米大陸一周
2005/04~08
117day
22,600km


b0228959_10432614.jpgユーラシア大陸一周
2009/07~11
140day
40,000km



厳しい時代は続いている。
夢を形にするのは、今、正直言ってかなり厳しい。
企業も人も、生き残るのに必死で夢など見ている余裕はない、というのが正直なところだろう。
だからこそ、と私は思う。
もっと世界と出会いたい、もっと人間のことを知りたい--この想いが、私の<旅>の動機のすべてであり、夢の核心でもある。
青臭い想いかもしれないが、私はこれを押さえ込むことができない。
だから、困難な状況ではあるけれど、数少ない理解者と共に<5大陸走破行>を続けてゆく。

                                         1998年 戸井十月         

           ★★★上記の文章や写真等は「越境者通信」から転載させていただきました。

                土井十月さんのご冥福をお祈りします。  合掌  ★★★
[PR]
by asan-3 | 2013-07-30 10:08 | 母の自宅介護

救急救命センターから無事帰宅

■母と私の体調

 ・昨日、救急救命センター(徳島県立中央病院・脳神経外科)から無事帰宅出来た母は、その夜は

  さすがに疲れたのか、よく寝ていた。介助で起きたのも少なくいつもとは違った夜だった。

 ・今朝は、元気に起きてきて、朝食もしっかり食べられていたので、体調を持ち直したようだ。

 ・それでも、寒い寒いを連発して、冬用の上着を着込み、その上からまだ毛布をかけて欲しいという。

  そんなことをすれば、昨日の二の舞になるので、説得するも頑と譲らず、ついに毛布をかけた。

 ・トイレに行く断になって、やっと毛布をぬぎ、冬用の上着も脱いだ。トイレで背中をさわるとじっとと汗が

  出ているので、水に濡らしたタオルで背中、首回り、脇の下、胸を拭いてやると気持ちよさそうであった。

 ・リビングの空調から流れる冷気の量や質等を微調整することにした。

     ・横の角度の変更   ・風量は最低に  ・冷房から除湿に切り替え  ・温度は28℃に設定
     ・リビングの天井のファンを常時回転させて、流れを変える。

★★★ 昨日昼頃  救急車で救急救命センターに搬送された  ★★★

 ・朝食を済んで、いつものようにソファーに座り新聞等を読んでいた。このことは昨日のブログで書いた

  とおりです。母の側で、私はパソコンを操作していました。

 ・突然、母が大きな声で叫ぶ  身体がぐったりして今にも崩れそうな姿勢・・・・・・・・・・・・・

   目が見えん!!  目が見えん!!

   もうあかん!!   もうあかん!!

   はよう先生を呼んで!!    はよう先生を呼んで!!

   もう死ぬかも・・・・         もう死ぬかも・・・・・

   しげゆき(弟)を呼んで・・・・    しげゆき(弟)を呼んで・・・・


 ・突然、目の前での出来事だったので、慌ててしまいました。額のあぶら汗や首元の汗の玉をみて、これ

  は熱中症だととっさに思いました。ぬれタオルで汗をぬぐおうとすると、寒い、寒いを連発して拭かせな

  い。それども強引に背中の汗は拭きました。

 ・いきつけの先生に相談すると「目が見えない原因が脳の障害から来ていることも推測されるので、脳

  神経外科がある中央病院(救急救命センター)で診察を受けるよう指示があり、救急車を要請した。

 
 ★★★ 徳島県立中央病院(救急救命センター) 脳神経外科での診断を受ける ★★★

  ・CTスキャン等の画像診断の結果は、脳組織には異常が見られなかったとのこと。一安心であった。

  ・血液検査の結果もほぼ良好で異常がなかったが、一項目だけ症状に関わる要因として、ナトリウム

   の値が低かったと告げられた。いわゆる低Na血症である。

  ・先生の診断は、この低Na血症の影響で、自立神経系統になんらかの作用が起こって、目が見えなく

   なったのではないかということであった。

  ・生理食塩液を500MLほど点滴していただいた。その間も、母は寒い・・寒い・・を連発するので、医療

   器具TSCIウォームエアシステムを使って、寒くならないように対応していただいた。

  ・おかげで、目も正常に見えるようになったので、帰宅の許可が出た。

  ・帰路は、あいむつぎ介護タクシーさんのお世話で、車いすに乗ったままタクシーで帰れた。


b0228959_14485939.jpg点滴中の母


b0228959_14494966.jpg点滴中の心拍数


b0228959_1451345.jpg生理食塩液500ml


b0228959_14534426.jpgTSCIウォームエアシステム

[PR]
by asan-3 | 2013-07-27 13:17 | 母の自宅介護

体調不良です

■母と私の体調

 ・昨夜のトイレ介助は深夜2時頃までは、トイレ間隔が10分とかの時間帯があり、相当しんどかった。

  2時以降は、やっと平常時の間隔(1時間毎)になり、少しは眠れました。

 ・さすがに母も体調が良くないのか、朝食を1/3ほどしか食べなかった。それでもソファーに座って新聞

  を二紙(徳島新聞と毎日新聞)読んでいるので、そのタフさには驚きです。私は少しグロッキー気味。

 ・私は、少しは良くなったのですが、まだ深い息をすると、咳き込み気管支が痛いです。当然、運動は中止

  しています。以前なら薬を飲むと、すぐ治っていたのですが、睡眠不足による体力低下と免疫力低下が

  あるのでしょうか、なかなかよくなりません。耳鼻科の薬が4日間あるので、気管支の痛みが続くのであ

  れば、専門の医院に行く必要があるかも。



熱中症脱水症の対策

 ・母も私も、脱水症に陥り、入院を経験したことがあります。

 ・母は、おしっこに何度も行くので、極端に水分を飲むことを避けていました。その結果脱水症状になり

  国立療養所で、検査すると腎臓・肝臓等の数値が管理限界値を超え、緊急に措置をしないと危ない

  状態でした。数値が下がっても透析を続けることになり、高齢者でもあるので厳しいと言われました。

  死線を乗り越えて、数値もおどろくほど下がり、現在の健康体になっております。

 ・私は、練習のし過ぎで、過労で倒れたのですが、風邪と勘違いして家で寝ていましたが、体調が悪く

  なるばかりで、ついに下半身が痙攣するようになり、国立療養所で診断を受けることになりました。

  原因はわからず、とりあえず点滴を24時間3日間続けました。4日目に痙攣が治まり、原因不明の

  まま退院しました。そのときに考えらたのが低Na血症、低Ca血症でした。


★★★ 脱水症の対策として ★★★

  ・母には、目の前に湯飲みを置いて、お茶等を入れてあり、合間を見て飲んでもらうよう言います。

  ・寝る前の水分は、薬を二回に分けて飲む際に白湯を、もう一口余分にと言って飲んでもらいます。

  ・経口飲料水を「めまいの水薬」と言って、飲ませています。1/3程度

  ・あとは、出来るだけ果物とかヨーグルトとかです。

  ・私は、つい最近、脱水による内臓疲労で、昔のことを思い出して、反省してます。


★★★ レース中の脱水症状について アイアンマンレースでの忘れられない出来事 ★★★ 

  ・脱水症状は、じわじわ症状を自覚するのでなく、まったく突然やって来ます。だから誰でもが陥りやす

   いと思います。レース中なので、走れなくなった時点で初めて脱水症状の影響だと自覚する。

 
★★五島列島アイアンマンレース・・・・・ランあと20kmの地点で

    最後の種目であるランは得意種目だったので、前半は快調に走っていました。当然その日はとくに

    暑い日でした。20kmを過ぎるあたりから、身体が動かず失速状態に陥りました。走るのを止めて

    歩いていました。目の前の人がフラフラしてまっすぐ歩いてない姿を見て、「きっと、熱中症じゃ」と

    思いましたが、これがとんだ間違いで、自分自身がふらついていたのです。

    なってしまって、水を飲んでも身体は吸収しないのですが、その当時は知識が無かった。

    なんども、座り込んで、休みながらゴールを目指しましたが、辛かったことを思い出します。

    幸い、日も陰って来る時間帯だったので、無事にゴール出来てリタイヤを免れました。


★★ニースアイアンマンレース・・・・・・ランあと30kmの地点で

    最後のランの種目に入り、5km周回コースで10kmを快調に走り切りました。2周目に入る時点

    で、バイク種目でトップだった人がラン種目に入りました。これを見て、年代別優勝は確実だと確信

    しました。いくらバテても10kmも開いていのですから・・・・・・・追いつくことは無理

    2周目のスタート時、突然激しい嘔吐に襲われました。バイクで飲んだコカコーラを吹き出しまし

    た。何回も嘔吐を繰り返したので、へたり込みました。水を飲むと吐きます。頭はフラフラになるし

    歩く力もなくなり、道路の中央分離帯の草地に寝転んでしまいました。救急車の音で目が覚めて

    ふと、前方を見ると、警備員らしい二人がこちらにくるようなので、慌てて起き上がり、無理をして

    コースに戻りました。(英語もフランス語も出来ないので病院に連れて行かれるとまずい)

    途中の木陰でまた、寝ました。今度は遠くの場所で寝ていた人が救急車に乗りました。また、コース

    に戻って歩いていました。(レース後、友人の言うには顔面蒼白でフラフラして歩いていたようです)

    もう、大分長いこと歩きました。最後の周回に入る時に、時計を見る気力はありました。

    制限時間までに、間に合うかどうかのぎりぎりの時間帯となっていました。リタイヤするとアイアン

    マンレース初のリタイヤとなるので、なんとしても頑張ろうという気持ちがわき起こり、それから

    走りました。なんで走れるようになったのかわかりませんでしたが、とにかくゴール目指しました。

    無事ゴールして、年代3位に終わりました。

    優勝(ハワイの出場権)を脱がした悔しさはあまりしたが、一歩間違えば、ニースの何処かの病院

    で治療を受けているかもしれないと思うと、これで良かったのかも知れないと納得した記憶があり

    ます。

 
[PR]
by asan-3 | 2013-07-26 12:01 | 休養日

母の思い出 紅葉の童謡から

■母と私の体調・・・まあまあ

 ・私は、寝る前に薬を飲み、鼻穴にも薬を入れました。母が19時頃にベットに入ったので、睡眠導入剤

  が効けば、3時間程度は熟睡出来ると思い、一緒に寝ることにした。おかげで鼻も詰まらず、口呼吸に

  ならず、快調に寝れました。

 ・朝方は、いつもの鈍痛はなく、頭はすっきり感で一杯でした。母も元気に起きて来ました。今朝は親子

  ともども、さわやかな朝を迎えました。


母の思い出・・・・・九十二歳の時の思い出。

 ・第22回国民文化祭が徳島県で2007年10/27から11/4にかけて開催されました。これを記念して

  「板野町童謡わらべ歌歌典」が開催され、その時の記念雑誌「こころの歌」に母が投稿した物です。

■母が投稿した思い出の童謡・・・「紅葉」・・・高野辰之/作詞  岡野貞一/作曲

 ・小学生の頃、運動会で、

  「秋の夕日に照る山紅葉、濃いも薄いも、数ある中に・・・・・・・」と歌って踊りました。

  幼い妹に「うす芋ってどんな芋」と尋ねられました。

  「小芋は知っているが、うす芋は知らない」と言いました。

 ・その妹も二十二歳の若さで亡くなり、五十回忌も済みました。秋の夜長、思い出は尽きません。 

b0228959_17231639.jpg


[PR]
by asan-3 | 2013-07-25 17:37 | 母の自宅介護

耳鼻咽喉科へ行って来ました。

■母と私の体調

 ・昨日の夕方は、鼻炎の鼻づまりが酷く、その為口呼吸となり、のどが痛く、咳をすれば気管を刺激

  して胸が痛い状態だった。薬局で薬がもらえたので、それを飲んで寝ることにした。

 ・母のトイレ介助は、この夜は頻繁でなく、比較的よく寝られたので、母も気を使ってくれたのかも?。

 ・薬が良く効いて、のどの痛みも消え・たのですが、咳をすると気管が痛いので、耳鼻咽喉科で診察を

  受け、薬をたくさんもらいました。

 ・トレーニングジムはさすがに自重しました。咳が止まれば行こうと思います。

クロスワードの世界から抜け出せない!!

 ・近頃、クロスワードへの挑戦が復活したみたいです。クロスワード雑誌を見ている時間が長くなりました

  今日もディーサービスから帰ると、すぐソファーでクロスワード雑誌とにらめっこしています。

 ・しばしば困ることがあります。それは、途中でトイレに入っても、まだクイズを続けているから・・・・・

 ・ロールペーパーを長めに取って「お し っ こ 」て、どこに入れるんで、「4文字だろ・・・・」と言う

  「クイズはしおらんのでよ・・・」と言っても効き目がありません。トイレを済んでソファーに座ってもクイズ

  は続いていて、カレンダーの22を指さし、「22番はここに書くんで・・・」と言う

 ・休憩して、クロスワード雑誌をたたんだら、クイズの世界から抜け出せるようです。
[PR]
by asan-3 | 2013-07-24 20:19 | 休養日

2013ツール・ド・フランス終わる

■母と私の体調

 ・昨日の寝不足状態が解消しないまま、夜の介助に入った。21時から23時頃までは、一度もトイレ

  介助が無かったので、熟睡出来た。

 ・その後のトイレ介助はいつものように1時間毎から30分毎になり、、横になっていると起きるのが辛い

  ので、2時頃からは深夜テレビをボーと観て、夜明けを待つ。

 ・連れ合いは、ボランティア活動で不在なので、母のお守り役となった。

  回転いすに座っていると、すぐ眠たくなる。少しの間うとうとする。突然、母の声で目が覚める

  「今から寝たらあかん・・・」「寝たら私が寂しいけん、目をしっかり開けといて」と言って、指で輪を描き

  、眠らないように、けん制球を投げてくる。

 ・寝られないので気分が悪く、鼻炎まで再発して、寝たいは鼻は出るわで弱っている。


2013ツール・ド・フランス終わる!!     

 ・6/29から始まったツールも7/21の第21ステージをもって幕を閉じました。

 ・総踏破距離は約3,479kmもあり、途中でアルプスの峠をいくつも越えるハードなコースであるが、

  フランス国内の歴史的・文化的な都市を走り、世界遺産の箇所9カ所も廻るコースなので、ライブ中継

  は、フランスを旅行しているようでもあり、堪能出来た。

 ・昨年、2012覇者ウイギンスを献身的なアシストを続けたクリス・フレームには、今年は何があっても

  マイヨ・ジョーヌの服を着て、凱旋門の表彰台に上って欲しかったので、勝てて良かった。


b0228959_11311628.jpg
左から山岳賞と新人賞のクインターナ  マイヨ・ジョーヌのフレーム  ポイント賞のサガン



b0228959_11314071.jpg
左から総合第2位のクインターナ  総合1位のフレーム  総合第3位のロドリゲス

 

★★最終ステージのハイライト動画  j-sports より ★★


[PR]
by asan-3 | 2013-07-23 13:16 | 母の自宅介護

この家では、私が一番偉い!!

■母と私の体調・・・私の体調の変化は、母の体調に大きく左右されるのでこの項に載せることにした。

 ・昨夜は、ごく普通のトイレ介助であり、私も適当に睡眠がとれたと思っていたが、どうも身体がしっかり

  しない。頭が重く、目の奥が痛い状態となる。

 ・藍住OKは休館日であるので、何処かへ走りに行こうと思うのだが、しんどくて、その気になれない。

  中途半端の状態で、日が暮れてしまった。

■この家では、私が一番偉い!!

 ・先週の金曜日は「在宅リハビリ」の日でした。

 ・担当は、若い背の高い男前です。その人が母の話を上手に聞いているので、話したい母は、その人

  が大好きな様子です。40分ほどの時間で問診をして、まずはじめに足のマッサージをした後、歩行

  訓練をて、最後に座って腕の体操をするカリキュラムです。しばしば「身体がえらい・・・」とか言って

  回数を少なくすることがあるが、仲良くリハビリをしています。

 ・リハビリが終わったら、ちょっとしたケーキとコーヒーでくつろいでもらって帰ってもらってます。

 ・帰ったあとに、カステラの残りがあったので、お皿に入れて、母の前に置く。

  手をつけようとしないので「遠慮せんでもええけん食べなよ」と言うと

  「誰に遠慮するで??? 

この家で私が一番偉いんでよ。」と姑の力を宣言した!!

 ・側でこのことを聞いていた嫁は「やっぱり・・・・・・」と無言の相槌をうった。

 ★★★ 玄関先のめだかたち  ★★★

b0228959_1321712.jpg

b0228959_1324779.jpg

[PR]
by asan-3 | 2013-07-22 12:24 | 母の自宅介護

元気の秘訣??

■母の体調

 ・昨夜の就寝は夕食が遅かったこともあり、21時頃になった。寝付きは良く、第1回目のトイレ介助

  は0時を廻っていた。その後のトイレ介助はまあまあでした。特に、一昨日のトラブル要因を避ける

  意味でも、ベットの移動には気をつけた。

 ・今日は、参議院選挙投票日です。

  母の投票用紙を手渡すと、何度も読んでいた。「誰が出とるか知らん???」というので、徳島新聞

  の候補者欄を見せる。投票用紙をじっと見つめてなんか考えているもようでした。

 ・あんたが行く時、一緒につれて行ってと言いますが、いざ行こうと促すと、「まだ、早い。時間はあるけ

  ん・・・」とか「オシッコに行きたい」など言って、玄関の扉まで辿り着けません。

  誘って見たのですが、この分だとたぶん行かないでしょう。


★★ 元気の秘訣???

 ・最近、何かと出場した大会のことが思い出されます。以前なら、過去の大会のことを振り返ることは

  好ましくないと思って来ました。とくに、練習方法とか練習量を比較するのとちがい、単に出場したこ

  とが懐かしく思える心理状態は、目標に向かって突き進んでいくうえで、なんのプラスにもなりません。

 ・大会出場予選突破や入賞・優勝を目指してトレーニングしたことが無い人には、凄い運動量だと思わ

  れるかも知れませんね。でも、私以外の現役の方のブログはもっとハードな内容です。

 ・今、現在元気そうに見える秘訣は、このブログを開始した時に決めた「介護の合間に走ろう」という

  テーマです。

 ・介護で練習が出来ないことを嘆いて、ふてくされて、やけにならないように、介護の合間を見つけて

  10分でも、1kmでも走ろうと心に決めたことが、挫けそうな気持を支えていると思っています。

 ・このブログは2011/5/9から開始してますが、2004/1/22からトライアスロンの練習記録をWeb版

  日誌に掲載して、このブログにリンクさせていますので、ご参照ください。

  ブログの右欄の「エキサイト以外のブログ」欄の「過去の練習日誌」です。

■1kmも走れない人の肉体改造いや体質改善について

 ・兎に角、まず目標を持つことだと思います。月単位、年単位、でもいいのでないでしょうか

     ★私の月単位の目標・・・・・・・月末に体重を66kgに・・・現在67.5kg・・・これが難関です。

 ・100mも走ったことがない中年の方の「ホノルルマラソン完走を目指す講座」のアシスタントコーチを

  した経験があります。実施する前は不安で一杯でしたが、6ヶ月で見事に8時間台で完走しました。

 ・最初は1週間で2日走り、1回の距離は1kmだったと思います。少ない練習量ですが、すこしづつ

  距離を伸ばして、足腰の筋肉や心肺機能を強化していきます。自分勝手に練習量を増やした人は

  後ほど、故障となり走れなくなる人が多く出ました。そんなこともありますので、駆け足程度でもいい

  ので1kmとか、20分とか決めて、続けることが大事です。


私の肉体改造???

 ・肉体改造とかは意識してませんが、時々、筋肉トレーニングをしています。時々しか出来ていなくて

  いつも反省している昨今です。

   腹筋を10回ほど    ストレッチを5分ほど    スクワットを時々

 ★★自分一人でのストイックな筋トレは、継続が難しいので、トレーニングジムでの軽い筋トレ講座を

  受講する方法もあります。(以前、時間に余裕があった時は、利用してました)


私の体質改善について

 ・長時間のランニングやアイアンマンレースでは、筋肉疲労より内蔵疲労が大きな問題となります。

  胃腸が弱ってくると、食べれなくなり、嘔吐しはじめるので、その時点でリタイヤ寸前となります。

 ・そんなこともあり、内臓疲労には人一倍気をつけていますが、油断するとすぐ脱水状態や熱中症

  から胃腸障害を引き起こします。

 ★今している項目★

   ・大好きだったコーヒーを控え、以前の1/3程度にしている。

   ・冷たい水や冷たい食べ物を出来るだけ控え、少なくしている。

   ・納豆、ヨーグルト・きなこを毎朝食べている。

   ・のどが渇いた時、水だけは飲まない。ミネラル成分を含んだスポーツドリンクを飲んでいる。

    註 砂糖を含んでいるドリンクは太る原因となると思います。 

   ・脱水症、低Na血症、低Ca血症になった反省から、ナトリウム、カリウム、等の摂取には気を

    つけています。
  

  ★★ 体質改善は食事の改善等もウェイトが大きいと思います。ダイエットするのか、筋肉をつけて

      体質を改善するのかによって方法はいくらでもあると思います。

      ネットでの検索でいろいろな方法が載っていますが、間違った方法も載っていますので、気を

      つけられるほうがいいです。無難なのは、やはりトレーニングジムでの専門コーチのアドバイス

      だと思います。(私も、ときどき質問してアドバイスを受けています。)

■私のスポーツ略歴・・・・・・過去にこんなことをしてました。

 ★社会人以前は、スポーツをする余裕が、経済的にも時間的にありませんでした。

 ★入社して退職するまでは、登山活動(ハイキング・岩登り・冬山・海外遠征等)ばかりしてました。

 ★退職後、還暦以後のライフワークとして、アイアンマンレースに挑戦することになりました。

 ★2000年から2009年までアイアンマンレースに出場(年2回海外遠征)

 ★母の介護のために、アイアンマンレース出場を断念する。トレイルランニングに挑戦する。

 ★★★ 日本アイアンマンクラブに会員紹介として掲載した内容の概要 ★★★

①トライアスロン歴(年)     9年(2007年で)
②スポーツ歴(年)        山登り ・国体競技登山 ・海外登山
③トライアスロン以外の趣味   トレイルラン
④アイアンマンレースにかける想い
 2000コリアに初出場以来、毎年アイアンマンレースに出場しています。世界各地の大会に出来るだけ数多 く出場することが夢です。
 想いでのレース 2006ニース大会ランの種目で、10km付近で、急に体調が激変して、嘔吐の連続でへた り込み、走れなくなり道路中央分離帯で2度ほど十数分間、起きられず寝ころんでしまいました。熱中症だっ たと思います。日が落ち込み、涼しくなり、何とか最後の10kmは走れ、制限時間内ではやっとこさゴールし たこと。レース後友達に聞くと、意識もうろう状態でフラフラ歩いていたとのことでした。 本当にリタイヤを覚 悟したレースでした。

⑤怪我・故障
 2001宮古島でのバイク事故で、頸椎中心性損傷の大怪我をして、その後左腕から指先までの麻痺が後遺 症として残りました。その後はトレーニング中の事故で、内転筋損傷、足底筋膜炎、肩脱臼、捻挫、肉離れ  等毎年故障が多くて困っています。主要原因はトレーニング前のアップ不足(内転筋損傷、肉離れ)、クール ダウンとケア不足(足底筋膜炎)、不注意(肩脱臼・捻挫・頸椎損傷)です。

⑥トレーニング/栄養
 レース前6ヶ月からトレーニングを開始します。 ベース期・強化期・調整期に区分。
 1週間単位で強度は宮塚方式をアレンジ。心拍数、ペース、ケイデンス等を測定して楽しんでいます。年々  身体が硬く、故障仕勝ちですので、運動量と質には気をつけて、無理な計画数値は、その都度直していま  す。当然、達成率はアンバランスとなりますが、出来るだけ長く大会に出場するために、自分流のトレーニン グ方法を模索しています。 

 *食事は特別に工夫はしていません。しいて言えば朝食に納豆、たまご焼き、ヨーグルトを数年前から追加 した程度です。甘い物が好きで、間食が多くなり、油断をするとすぐ体重が増えます。サプリメント類はプロ  ティン、アミノ2000を運動後摂取しています。     

⑦自己紹介
 トライアスロンを始めたのは、退職(59歳)後でした。還暦を迎える時期となり、いままでやって来た登山以  外の冒険をしてみたいと思いました。当初はアイアンマンなんて遙か雲の上のレースでした。その頃は、地  元のごっついマンレース(スイム1500m+ラン10km)出場がやっとこさでした。
 その後バイクショップに出入りしていた滝豊水氏に出会い、アイアンマンレースを知り、無謀にもその競技を 目指すようになりました。
 1999皆生と1999佐渡を完走出来たので、2000コリアの大会に初出場しました。その後、年2回程、海  外のレースに出場するようになり、多くの仲間に巡り会え、数々のアドバイス等を頂き、今日にまでレースを 継続出来ています。
 2001年宮古島大会に出場しましたが、バイク転倒事故で頸椎を損傷しました。医者からは神経系統の損 傷なので、下半身不随でもおかしくないといわれていましたが、軽度な後遺症程度で治まりました。レースへ の復帰は、自分自身も諦めかけていて、家族も反対でしたが、腰椎粉砕骨折から復帰した不屈の精神の持 ち主である滝さんの頑張りが、精神的な大きな支えとなり、レース復帰を決意をしました。練習中でも下肢部 に痙攣が頻発する状態でしたが、退院2ヶ月後に80kmを走り、同年10月に四万十100kmを完走出来ま した。
 アイアンマンレースは本当に奥が深い競技であり、今だに3種目満足だったレースは経験していません。だ から次の大会でという思いがあるので、続いているのかも知れません。スイムは59歳から始めました。当初 は25mがやっとでしたが、10ヶ月で400m程泳げるようになり、1年後に3800mを完泳出来るようになり ました。バイクも初めてでしたが、スイム程スキルの必要はなく、当初はただがむしゃらに踏んでいる状況で した。マラソンは多少経験があったので、3種目の中では比較的、得意な種目だった。
 それにしても、よくこんなレベルでアイアンマンレースに出場したなあと後から感心するやら、無鉄砲だったこ とを思い出します。
 今年の3月で満65歳となり新たなカテゴリーとなりました。年々低下してくる筋力、レース中での内臓障害に よる嘔吐、痙攣等心配する材料はあり余る程ありますが、出来るだけ長く大会に出場できるよう、日々精進 していこうと思っています。こうした時期にこの会で、頑張っている仲間をご紹介していただいたり、色々な情 報を交換していけることは、まことに有意義なことだと思います。今後ともよろしくご指導下さい。

                     記載年 2007年
[PR]
by asan-3 | 2013-07-21 10:31 | その他

アイアンマンレースの先輩 滝 豊水氏と会う

■母の体調   良好かも

 ・昨夜は就寝も20時と早めであった。深夜を廻った1時過ぎにトイレで起きて来た。その時は何事も

  無かったのですが、立て続けに2回程トイレをしたいと言って5分も経過しないのに、起きて来た。

  多少、私もムッーとしていたのかも知れませんが、ベットの端まで強引に引っ張り移動させました。

 ・突然、母は怒り心頭「何をしよんで・・・。アホ・・・。もう向こうに行って・・・」と激しい怒りをぶつけて

  来た。こちらも「もう、手助けせんでよ・・・。」と言って、部屋を一旦出た。でも、少し心配になり戻り

  ふて寝をしていたら、「パンツをあげて・・・」「誰か助けて下さい・・・」などと叫んでいたが、ほって

  おいた。あまりの口論だったので、2階で寝ていた、連れ合いが降りて来て、母の応対をした。

 ・朝の着替えを手伝っていると「ありがとう。ありがとう。 あんたが居ってくれるけん生き取れる・・・」

  と言い、つい数時間前のバトルはすっかり頭から消えていた。

 ・今日は、やすらぎのディーサービスの日です。遅い食事だったので、すぐお迎えの車が来て、慌てて

  乗車させる。


■憧れの先輩「滝 豊水」氏と門田理髪店でアイアンマンの話で盛り上がる。

 ・滝 豊水氏は、私がアイアンマンを目指すことを決意した時の人です。その当時は面識はありません

  でしたが、中西サイクルショップで初めて姿を見て、憧れてしまいました。それほどオーラ-が凄かった

  ことを鮮明に記憶しています。

 ・今、彼も72歳となりましたが、今年の冬に西オストラリアへ海外遠征を予定している程元気で居ます。

  以前に「70歳台になったら、前田、門田、私、滝さんの4人でアイアンマンレースに出よう」という約束

  をしました。残念ながら、一番先に脱落したのは私でした。後の、3人は西オストラリアに行くことにな

  って居ます。

 ・そんなこともあって、この酷暑でもバイクやランを何時間も練習をしている強者ばかりです。

★★ いのち輝く夏号 No.58 「私流人生のカタチ」から転載  ★★
b0228959_1645360.jpg



■久しぶりにロードバイクのメンテをしました。

 ・最近、藍住OKまでの往復路にロードバイクを使用することにしましたが、なにせ、4年程未使用のまま

  の状態だったので、メンテナンスをしました。

 ★★★ アイアンマンレース用バイク シーポ のハンドルバーテープ交換 ★★★
b0228959_1725541.jpg

b0228959_1726984.jpg

 ★★★ 練習用バイク 27インチ のタイヤ交換 ★★★
b0228959_17245850.jpg
b0228959_17251497.jpg

[PR]
by asan-3 | 2013-07-20 17:31 | その他


里山で楽しく遊ぼう


by 阿讃同人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
母の自宅介護
自宅室内トレニング
トレイル
ロードラン
休養日
大会
その他
花・樹木
山歩き
田園パーク
藍住OK
バイク
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

フォロー中のブログ

55WEBヨネヅレコード
なるきんのつぶやき
じんぼう暇なし~神保接骨...
北灘のきんちゃんのブログ
☆☆今夜も眠れないかも☆☆
阿讃の山と谷

エキサイト以外のブログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧