<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

無名の谷から城王山へ

■■■ 母と私の体調  昨夜は異状な言動をする  ■■■

 ・昨夜は、睡眠導入剤を飲ませたのに、ぜんぜん効かず、30分毎
  のトイレとなる。

 ・しばらくして寝ているものとばかり思っていたら、突然大きな声
  で呼ぶのでベットに駆け付けると、
  「メガネ」が無いといって騒いでいる。
  ふと、枕元を見ると、テッシュを箱から取り出して、山のように積み
  上げている。何に使用するわけでもないのに、「ちぎってはなげ」の
  連続です。

  ・・・ついに、狂ったか???・・・・・・・

 ・睡眠導入剤をもう一定服用させてみる。
  一晩に二錠は禁止なのですが、非常事態なので、とりあえず飲ます。
  しばらくすると薬の効果で、寝てしまいました。


★★★ 岩野集落手前の無名の谷から城王山
        下降は一般登山道・車道を下る。  ★★★

b0228959_22282261.jpg岩野集落への入口にある石造物

岩野集落への入口はこの石造物が目印になる。

車道は幅もあり、しっかりしていて、生活道の一部なのだろう

集落手前に谷の入口はある。
ここに車を駐める。


b0228959_22511853.jpg谷の入口

谷に降りるのに少し手こずる。谷に降りてすぐ、小さな滝が2個連続である。すぐ堰堤が見える。堰堤は右岸側から上れる。
登っていると上に林道が走っているので、一旦上がるが、すぐ谷に降りる道となっていた。
しばらく谷を歩くとコンクリートの取水槽があった。


b0228959_23025469.jpgF5 滝

ここまでに、小さな滝と枯れ滝が4個ある。


b0228959_23032175.jpgF9/大きな滝 滝口から大きな木が折れていた。登れないので右岸側を巻いて滝口に出る。

F6/ルンゼ状の滝

F7/小さな滝が連続 3段

F8/涸れ滝




b0228959_23225155.jpgF14/ハングした滝 右岸を巻く。

F10/脆い滝 垂直 右岸を巻く。

F11/涸れ滝 小

F12/2段の小さな滝

F13/小さな滝


b0228959_23273573.jpgガレ場となりアイスバイルを出す。

逃げ場がなく、仕方なくガレ状の谷を神経を使いながら、ゆっくりゆっくり登る。

山頂近くの新田池の裏に出た。


b0228959_23303847.jpg通常、「新田池」と言われている。

竜王神を祀る池と竜を刻み込んだ丸いコンクリート製の石玉

この池が「新田池」と言われて山頂付近にある、水が涸れたことがないので、古くは雨乞いも行われたようだ。



b0228959_23381427.jpg御旅所がある所が城王山の最高点/山頂である。

三角点はない。

標高634.2m

b0228959_23410004.jpg三角点598m/点名:上の森

城王山の山頂から北に延びている尾根にある三角点

尾根筋の下に広い林道が走っているので、取り合えず林道を利用して下る。途中行きすぎたので、尾根筋を忠実に戻ると、三角点が顔を出していた。



b0228959_23494980.jpg役の行者の石像

『日本山岳文学史』瓜生卓造著によれば、修験道が栄えるようになって、深山幽谷に分け入って霊場が開かれ、修験修行が行われた。

要塞堅固、難攻不落な地ほど尊いものとされた。

そうした修験道の開祖が役小角である。
(7世紀後半から8世紀前半)


その当時は、城王山も阿波富士と呼ばれる程の山容なので、麓から見えと、頭上の聳える頂きに自然と崇める気持ちがあったのでは。

そして、その頂きで修験道に憂き身をやつした行者が大勢居たのかも知れない。


b0228959_23522307.jpg城王神社から参道をされに下ると、鳥居と御旅所がある広場に出る。

この広場から以降は、車道となり川北集落を経て、県道2号線に出る。

大きな採石場の管理棟に自動販売機があるので、そこで冷たいスポーツドリンクを飲む。

大畑バス停近くにある岩野集落入口の石像物に辿り着く。駐車場まではすぐ近く。



b0228959_09164460.jpg岩野集落の八幡神社

駐車場所からの帰途、川北集落に抜ける道が自動車通行可能かどうか知りたくて、岩野集落に立ち寄りました。

地図上の道は、生活道で舗装されており自家用車が通行可能でした。
下山時、水を貰いに立ち寄った家のすぐそばに降りました。完全に見過ごしでした。



     ★★★ 道跡   歩いた距離/12.6km・・・・ 歩いた時間/6:26 ★★★

         【註】このコースは谷歩きで登山道ではありません。
b0228959_09252933.jpg
谷取り付き点/9:27→堰堤/9:54(自動車ドアロック忘れのため、引き返した)→F3/10:07
F9大滝/10:35→広い谷でルートを探す/11:03→大岩で休憩/11:16→ザレ場となりバイル
を出して登る/12:16→支稜線に出る/12:30→新田池/12:55(ブッシュの尾根歩き)→
御旅所/最高点/12:56→三角点598m/13:24→城王神社/13:36(休憩)→参道を降りた
広場の御旅所/14:04→(これ以降は車道となる)→車道分岐/14:16(三角点492m取り付き
尾根に至る)→岩野集落への道分岐/14:43→(草木が多いので取りやめ)→里の車道に出る
/15:00→岩野集落への入口/15:05→(見落としてしまう)→2号線採石場の自販機/15:32
岩野集落への分岐(石像物あり)/15:48→駐車場所(谷取り付き点)/16:06
******************************************************************
帰途、岩野集落に立ち寄る。(自家用車移動) 距離は推定で約2km程あり
岩野コース登山口/16:07→八幡神社前/16:09→川北集落の車道に出る/16:22
<br><br clear="all">

          ★★★ Google Earth より iphon5のポイント表示 ★★★
b0228959_09284211.jpg
「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
 及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平23情使、第642号)」
第3者がこの地図を複製又は利用する場合には、国土地理院の長の承認を得なければならない。

[PR]
by asan-3 | 2014-06-29 22:13 | 母の自宅介護

めだか

■■■ 母と私の体調  母は元気がない??  ■■■

 ・昨夜のトイレ回数は、いつもの間隔でした。
  朝食も完食はしたのですが、ソファに座って、クイズも
  しないし、新聞も読まないので、少々心配・・・

  「クイズはせんのんで?」と聞くと
  「しんだい・・・・。」と言って黙ってしまいました。

 ・私は、昨日昼寝を三時間ほどした影響で、元気が出て来て、
  昨夜、散歩とジョグを少しして、快適な汗をかくことが出来
  ました。
  少し、元気が出てきたように思います。

★★★ メダカの飼育 ★★★

b0228959_10195730.jpgメダカの鉢
テラスに置いてあるメダカの鉢です。
この場所には、猫が来ないので予防ネットはしていません。



b0228959_10200603.jpg玄関先にあるメダカの鉢です。
猫が来て、かわいそうに一匹犠牲になってしまいました。
金網と針金で予防ネットを作成して、被せました。



b0228959_10200397.jpgこれで、安心して鉢の中を泳げるでしょう。



***********************************

b0228959_10201051.jpg

玄関横のハンカチの花

[PR]
by asan-3 | 2014-06-27 10:36 | 母の自宅介護

脱水症の予防

◆◆◆ 第二十九候 夏至 次候 ◆◆◆
    菖蒲華 あやめはなさく
   【新暦】6月26日~7月1日ころ
   【意味】あやめの花が咲く

■■■ 6月25日(水) 母と私の体調  母は元気です。 ■■■

 ・便秘症は相変わらずで、一昨日の夜、軟便剤を飲ませました。
  昨日、午前五時~午後三時頃にかけて排便がありました。

 ・お腹の中に、便が無くなったのか、母はよく寝て居ました。
  トイレ回数は一時間毎は変わり有りませんが、ポータプルの
  便座を汚さずに上手に排尿が出来ました。

 ・私は、寝不足が続いているのか、睡魔が突然襲いかかってくる
  時間帯があり、辛抱出来ずに、横になって一時間程寝てしまい
  ます。

 ・母は、今日も朝食は完食して、元気でディーに行きました。

■■■ 6月26日(木) 母と私の体調  ■■■

 ・昨日は、ディーサービスに出かけていたのですが、元気で帰宅
  夕食後も、8時半頃まで「阿波の民話」ブックを読みふけって
  いました。

 ・今朝は、起床を少し遅くして、八時半に起こしました。
  朝食は、完食とはならず、少し残しました。
  今日も、熱心に「クロスワードクイズ」をしています。

 ・私の体調は、どちらかと言うと「頭がボーとして、体を動かす
  ことが億劫になっていて、いわゆるスランプ状態でしょうか?
  山歩きも、行きたい意欲が出てくれば出かけることにしょうと
  いうありさまです。


★★★ 脱水症の予防  ★★★

 ・去年の夏に、ソファで座っていた状態(自分が横に居て)で母が
  脱水状態に陥り、救急車で救急救命センターに搬送されました。
  そんな事もあるので、「脱水症」への予防に気を付けています。

 ・現在、ソファーで座っている時は、適当な間隔で強制的に水分を
  摂ってもらい、夜も時々水を、少量でも飲ませています。

 ★ これの「あて」が欲しい???? 

  ・ソファーで強制的にコップで水を飲ませていますが・・・・
   ときどき、にこにこ笑いながら~
   「水ばっかしで~~ これのあてが欲しい」と言うので
    飴玉を「あて」にしてもらっています。

  ・時々、白湯の湯飲みに「昆布茶用」の昆布を一枚いれて
   塩分補給として、飲んでもらっています。

★★★ 母の脱水症のDNAを持っている自分の予防 ★★★

 ・母が脱水症で救急車で搬送されて、初めて自分の脱水症は
  母から受け継いでいるのだと初めて知りました。

 ・脱水症の経験は、過激なアイアンマンレースで何度も陥り、
  リタイヤ寸前に追い込まれたり、また年代別優勝を逃がしたり
  しています。
   ★2000/JUly/2   ChejuKorea    Runで脱水症になり歩く。
   ★2002/May/12  Goto Nagasaki    Run20km脱水症でフラフラ走れず
   ★2006/June/25  Nice   Run10km脱水症・嘔吐・歩けず

 ・競技中はボトルにスポーツ飲料水を入れているのですが、夢中に
  なって、時間毎の補給給水を忘れてしまうミスを繰り返し犯す。

★★★ 室内での移動でもボトルを持って・・・ ★★★

 ・体質的に、脱水症になりやすいので、競技を止めている現在でも
  脱水には気を付けて、室内でもボトルを持ち歩き水分補給をこま
  めにしています。

b0228959_12274422.jpg
  

[PR]
by asan-3 | 2014-06-26 10:19 | 母の自宅介護

夏至

◆◆◆ 夏 十節気  夏至  ◆◆◆
◆◆◆ 第二十八候 夏至 初候  ◆◆◆
    乃東枯  なつかれくさかるる
    ※夏枯れ草(乃東)だいとうとは、靭草の異名だそうです。
     冬至に芽を出して夏至に枯れる珍しい植物です。
    【新暦】6月21日~25日ころ
    【意味】夏枯草(乃東)が枯れる
b0228959_11373983.jpg






★★★ 母と私の体調 母は少しづつ体力が低下 ★★★

 ・近頃、母の仕草で気がかりな点があります。
  
 ・トイレに入って、「誰か来て・・・」「もう済んだ・・・」と
  大きな声が聞こえたら、トイレのドアを開けて、パンツを上げる
  手助けをしております。
  
 ・その時は、母は車椅子に手を突いて、腰を上げて待っている状態
  だったのですが、便座に座ったまま呼ぶことが多くなりました。

 ・最初は、母も考えて要領が良くなって来たと思っていましたが、
  そうではなくて、「腰があがらない」ので、座ったまま呼んでいる
  ことに気が付きました。

 ・すこしづつ、体力が弱って来ています。
  いつまで、車椅子に乗る力が残っているのか心配になって来ました。
  ベットで寝たきりにならないように頑張ってもらいたいと思っています。



    

[PR]
by asan-3 | 2014-06-21 11:42

CPU使用率が100%を持続???

■■■ 母と私の体調 母は便秘解消 ■■■

 ・16日~18日まで続いていた便秘は、今朝から数回に分けて
  排便があり、解消されました。

 ・寝不足気味だった私は、早めの就寝をして、よく眠れました。
  頭もスッキリ状態で朝を迎えることが出来ました。


★★★ 異常なCPU使用率100%??? ★★★
b0228959_11591533.jpg
母の側でパソコン操作をするようになって数年が経ちます。
2階のパソコンとホームグループになっていて、無線LANで接続しています。
最近、頻繁にエクスプローラがフリーズするので、あちこちのHPを調べていたら、同じ症状が出ていることを知りました。
ウイルスが潜入している可能性もあるとのことだったので、いつものように困ったら助けてもらっている鳴門市のヨネヅさんのお店に行きました。



b0228959_11592437.jpg

タスクマネジャーで症状を見つけても、どのファイルを取り除けばいいのかはまったく解らない。
プロでないと、英語版のソフトをインストールすることは不可能です。また、日本語版のよく似たソフトも表示されるが、そのソフトが悪質でない保証は区別出来ないので、素人の私には、歯が立たなかった。


b0228959_11593283.jpg
タスクマネジャーを開き、パフォーマンスを見るとCPUが100%使用されていることが判明した。
b0228959_11594363.jpg
続いて、プロセスを開けてみると、サービスの名称が表示されていて、そのサービスが何%使用しているかが解る。

 ■サービスホスト:ローカルサービス(ピアネットワーク)(3)が53.6%
 ■サービスホスト:ローカルサービス(ネットワーク制限付き)(7)が21.4%
この二つで74%も使用している。



★★★ メンテナンス後のCPUパフォーマンスとプロセス ★★★
英語版のフリーソフトを慎重にインストールして、使用されているプログラムやファイルを解析して、その結果、不要なファイル、不明なプログラム等を探し出した。
検出して表示されたファイルやプログラムを削除をした結果、下記のように問題が解決したので、感謝・・・感謝でした。
b0228959_12384932.jpg
b0228959_12385685.jpg



[PR]
by asan-3 | 2014-06-19 13:40 | 母の自宅介護

毛虫とマダニに気を遣いながら

■■■ 母と私の体調 昨夜は異常なトイレ回数  ■■■

 ・昨夜は、異常な程トイレ回数が多く、寝ることが出来ずに
  起きて、深夜のW杯サッカーを見て過ごしました。

 ・排尿量もそれなりにあったので、おどろきです。

 ・私は、お陰で久しぶりの里山歩きで、少々お疲れでしたので、
  今朝は、頭が重く、寝不足です。

★★★ 毛虫マダニに悩まされながらの里山歩き  ★★★

★5/24 根来谷左俣から九王野神社の時の被害
  ・長靴の中から、マダニが出てきた。
  ・数日後、原因不明の湿疹が体内あちこちに出た。
  ・藍住町の渡辺皮膚科で治療。

★6/07 妙見谷から九王野山の時の被害
  ・首筋を毛虫に刺されて、酷く腫れる
  ・藍住町の渡辺皮膚科で治療。

★6/16 僧都谷から九王野山の時の被害
  ・マダニ一匹と毛虫一匹が衣服に付いていたが取り除く。
  ・右手の手首~肘の間を毛虫に刺された。
   (駐車場が近いので、腕まくりして、帰り支度をしていたら
    急に痒くなった。)その時に刺されたのか、油断してました。
  ・症状が軽いので、「リンデロンーVG軟膏」を使用。

★★ 首筋の毛虫対策として ★★★
b0228959_09573643.jpg首筋の毛虫対策として、「首筋を覆う布」を利用することにして
物色していたが、モンベルに「クールスクリーン」として日よけの補助布が売られていた。
帽子に付ける脱着式。
安価(¥1600)で、それなりに役立つと思う。

6/16の里山歩きで着用した結果、首筋は保護されていたと思う。

[PR]
by asan-3 | 2014-06-17 10:20 | 母の自宅介護

僧都谷から九王野山

◆◆◆ 第二十七候 芒種 末候 ◆◆◆
    梅子黄  うめのみきばむ
    【新暦】6月16日から6月20日ころ
    【意味】梅の実が黄ばんで熟す

■■■ 母と私の体調 母はまあまあ,私は絶不調 ■■■

 ・昨夜の排尿は沢山出ました。
  ポータプルでするので、排尿の量は「音」で解ります。
  でも、排便は土曜・日曜とありませんでした。

 ・私は、この一週間は、体調が良くなく、寝不足と湿度の影響
  なのか、何が原因か解らない。ただ身体を動かすのが、億劫
  で、無気力感が漂います。

 ・何とか、しなければと思い「重い腰を上げて」山歩きにで
  かけることに。やっと一歩を踏み出せました。


★★★ 僧都谷から九王野山
      下降路は稲荷神社に至る尾根すじの道を  ★★★


b0228959_22081834.jpg舗装された林道終点付近

僧都谷入口から少し入った空き地に駐車をする
林道は牛を飼育している小屋周辺まで舗装されていた。
そこからは、ごく普通の林道が続く




b0228959_22194082.jpg二つ目の小さな堰堤

左岸沿いの林道は途中で崩壊しており、一旦谷に降りて歩く
しばらく歩くと今度は右岸沿いに林道があったが、這い上がれず、谷を歩く




b0228959_22242741.jpg谷の様子

やっと谷らしくなって来た。
それでも、ところどころ右岸、左岸に林道が走っているので、上がったり、降りたりの谷歩きとなる



b0228959_22285314.jpg初めての滝

右岸沿いの林道から写す
このあと、小さな滝が二つほどあった



b0228959_22320951.jpg行く手を阻む倒れている竹林

相当歩いたのに、まだこんな状況に遭遇してしまう
倒れていた竹林は、数十mほど続いた



b0228959_22362086.jpg上部のガレ場

上部のガレ場までに、小さな涸れ滝が二つほどあった。
ガレ場から左岸の尾根に取り付きたいが、ずっと崖が続き、しかたなく這い上がりながら登る
今にも崩れそうな足場を欺し欺し登って、3m程の滝に行く手を阻まれる
滝を登ろうとしたが、大きな岩のオールドが剥離したので、登るのを諦めて、急斜面のトラバースをする
アイスバイルで泥のスタンスを作り、根っこにバイルを打ち込みながら、泣きそうな気持になる。



b0228959_22443435.jpg稜線での小休憩

急傾斜のトラバースを終え、小尾根に取り付くが、斜度がキツく、バイルを離せない
まるで岩登りのようなありさまが続く
ふと谷を見ると、高度50m以上あると思われる岩場の崩壊が見えた
木々の隙間から少し見える空が稜線が近いことを知らせてくれる



b0228959_22525604.jpg九王野山山頂の石碑

下降路は、稲荷神社に伸びる尾根に記載されている破線を下る予定であった。
古い地図(昭和43年1月調整・市場町全図)に記載あり
破線は、独標・393mから三角点294.4mの北側を通り稲荷神社に降りている

実際に歩いたルートはピーク402mから南に延びる尾根を下り、谷に降り林道を歩く。



b0228959_23084136.jpg稲荷神社

今回は、下降路の破線を忠実に歩くことが出来なかった。

今回の谷歩きは、ほとんどが林道(ずっと奥まで堰堤があったので、その時の作業道の跡かも)を歩くことになり、それも道が崩れて谷に降りたり、また這い上がって林道に出たりの繰り返しであった。
実際に谷を登ったという感じがしたのは、ほんの一時であった。
滝も小さく少なかったので魅力ある谷ではない。




★★★ 歩いた距離/ 10.6km ・・・・歩いた時間/ 6:47 ★★★
註 このコースは、谷歩きと境界線尾根のブッシュで、登山道ではありません。 

b0228959_23213010.jpg

林道を少し入った空き地駐車/10:00→牛舎付近(車道終点・林道開始)/10:19
竹藪で谷に降りる/10:43→第1堰堤/10:43→小さな堰堤/10:55→二俣右入り/11:20
初めての滝/11:39→堰堤(最後/標高約240m)/11:35→二俣右入り/11:51→
行く手を阻む竹/12:13→上部のガレ場/12:20→小尾根に取り付く/13:10→
稜線に出る/(13:28~13:41)→九王野山/14:02→尾根下降開始/14:22→
尾根上・開けた場所/14:40→独標408/14:59→p402/15:06→ここから南の尾根下降→
谷に降りる/15:58→林道を歩き駐車場/16:47



b0228959_23225298.jpg

Google Earthより
iphon5のFiledAccessのポイントを利用しました。



[PR]
by asan-3 | 2014-06-16 21:53 | 母の自宅介護

熱中症に注意!!

■■■ 母と私の体調  まあまあです。 ■■■

 ・昨日は、ディーサービスに行っていたので、疲れているのか
  すんなりベットに入りました。
  夜のトイレ回数も、平常より少し少なかったので、私も寝られて
  疲れも取れました。

 ・昨日、ディーサービスから帰宅して、三愛内科の先生の定期往診
  (月1回)がありましたが、血圧、呼吸器機能も正常でした。
  熱中症予防として、水分補給を忘れずにとアドバイスがありました。

★★★ つまみが欲しい??? ★★★

 ・朝食後、ずっとソファーでクイズに没頭していたので、10時頃に
  水分補給をと、白湯をだしました・・・・・・
  「水ばっかり飲めん」
  「なんか、つまみが欲しい・・・口に入れるもん」と催促があった
   ので、あめ玉を、口に入れてもらいました。

★★★ この時季は、花が咲いて、うっとしい気分を癒やしてくれます ★★★ 


b0228959_11150897.jpg


b0228959_11151695.jpg


b0228959_11151347.jpg


b0228959_11151873.jpg


b0228959_11153730.jpg

楽しませてくれた、月下美人も最後の開花となりました。
 

[PR]
by asan-3 | 2014-06-12 11:24 | 母の自宅介護

九王野山へのもう一つの稲荷ルート

◆◆◆ 第二十六候 芒種 次候 ◆◆◆
      ふそうほたるとなる
    【新暦】6月11日から15日ころ
    【意味】腐った草が螢に生まれ変わる。
        じっとりと湿度の高い季節、腐りかけた草
        の下から螢が光を放ち始めます。
        昔の人は、腐った蒸れた草が化けて螢にな
        ったと考えていたようです。
        『日本の七十二候』より引用しました。

■■■ 母と私の体調  ■■■

 ・昨夜のトイレ回数は、平常日より少し多めでした。
  排尿がうまく出来ていないので、回数が多いのかも?

 ・朝食は、めずらしく完食出来ず、パンを少し残しました。

 ・私は、眼の違和感もほぼ無くなり、変な湿疹も治まって
  来ました。
  先日の里山歩きで、毛虫に刺された腫れが残っています。
  腫れは、かゆみが酷かったのですが、少しづつ軽減され
  ています。


★★★ 次回の山里考察 
   九王野山へのもう一つの稲荷ルート ★★★

・市場町史の山地概要の節で、九王野山(くわのさん)のことが紹介されておりますが、
 九王野山(標高572.2m)の尾根伝いのピークに九王野神社があり、この神社への参拝
 道に、日開谷の為後集落と稲荷集落からの道があったと記されています。

・先般、為後集落からの参拝道を地元の人にも聞きましたが、「いまはどうかなあ」と
 現在は草木が覆い、通れないのではないか言っていました。

・稲荷集落からの参拝道と思われる道が「市場町全図・昭和43年1月調製」に有りました。
 主に稜線上に破線が記されているので、何とか歩けるのではないかと想定しています。

・登りは僧都谷を詰めて九王野山に出て、破線で示されている尾根を下る予定でいます。

   ★★ 僧都谷を詰めて、九王野山へ、下降路は旧道が表示されていた尾根 ★★
b0228959_13433246.jpg



[PR]
by asan-3 | 2014-06-10 08:53 | 母の自宅介護

夏仕様 里山歩きの服装等

■■■ 母と私の体調  母、お腹の調子がよろしくない・・・ ■■■

 ・便秘気味だった母に土曜日の夜、軟便剤を一錠飲ませました。
  翌日の日曜日は、やっと排便が数回あり、堅めの便が出ました。

 ・ところが、今度は尿がすっきり出なくなり、本人は相当苛ついていました。
  再々のトイレ行きにも、自分でもおかしいと思いだし・・・
  「オシッコはどないにしたら出るんで???」と便座に座って言う。
  「自分で、オシッコ、オシッコと言うと出てくるんでないで」と答えると
  「出てこん???」
  「穴を開けたら、出てくると思うけん、穴を開けてだ・・・」とお願いされる
  結局、排尿はならず、トイレから出る。

 ・今日は、朝食後、下痢状の排便が3回もあり、後処理に大変だった。
  「ビオフェルミン錠」を飲ませて、様子をみることにした。


★★★ 夏仕様  里山歩きの服装等  ★★★

梅雨入りで、里山歩きも途絶え気味です。
「マダニ」のこともあるし、毛虫も多いし、場所によっては、厭な思いをしながら
歩くことになり、気分転換もスッキリしませんが、晴れ間を見つけて歩くことにし
ました。

b0228959_10281358.jpg
★医薬品サラテクトFA
マダニ忌避用として新規購入
スタート時と下山開始時に登山衣服にスプレーをして、手首、首筋に塗る。
★ヘルメット&つばあり帽子の組み合わせ
バンダナからつば付きの編み目の帽子に換えました
ヘルメットは自転車用のもので、落石防止は出来ませんが、転倒時の頭部保護やブッシュの中で大活躍です。
つば付き防止は、めがねの保護を兼ねています。


b0228959_10283128.jpg
★登山服は、ワイシャツの古い物を使用。
★下着は、「Finetrack社」のフラッドメッシュスキンメッシュのノースリーブタイプを着用
この下着はトレイルラン時に使用しているものです。


b0228959_10283850.jpg
★登山ズボンは、フェニックス社の登山ズボン
選択条件は、「マダニ」が付着し難い素材
滝登りの際のうごきやすさ(ストレッチ)
二つの条件の物を探していたら、この商品になった。
★品質 ナイロン88% ポリウレタン12%


b0228959_10284467.jpg
★手袋は、「コウナン」で兼価で購入したが、結果すぐれものだったので、予備としてもう一セット購入した。
表は網状の布で通気性が良い。
裏地は、ゴム状でホールドが的確に出来る、とくにヌルッとした岩を持つ時などはフィット感抜群
★靴下は、ナイロンとウレタン生地で、撥水性がよく、厚手である。
普段の靴下とのコンビで使用
履き物が長靴なので、丁度よい。




[PR]
by asan-3 | 2014-06-09 11:05 | 母の自宅介護


里山で楽しく遊ぼう


by 阿讃同人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
母の自宅介護
自宅室内トレニング
トレイル
ロードラン
休養日
大会
その他
花・樹木
山歩き
田園パーク
藍住OK
バイク
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

フォロー中のブログ

55WEBヨネヅレコード
なるきんのつぶやき
じんぼう暇なし~神保接骨...
北灘のきんちゃんのブログ
☆☆今夜も眠れないかも☆☆
阿讃の山と谷

エキサイト以外のブログ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧